ファミリーバイク特約

125CC以下の原付やシニア向けのセニアカーなど

ファミリーバイク特約は125CC以下の原動機付自転車もしくは50CC以下で、3輪以上の自動車で被保険者が運転中に事故を起こした場合、その事故により発生した損害賠償や怪我に対して保険金を支払うものです。

ファミリーバイク特約は被保険者が乗るバイクは特定せず、他人のバイクで事故を起こしても補償の対象となります。また、ファミリーバイク特約の種類は大きく分けて2つになります。それぞれ確認をしてみたいと思います。

ファミリーバイク特約の種類:人身型

ファミリーバイク特約の人身型では、対人・対物・人身傷害が付帯されます。ただし、この人身傷害を付帯するには、主契約となる自動車保険に人身傷害を付帯する必要があります。

ファミリーバイク特約の種類:自損型

ファミリーバイク特約の自損型では、対人・対物・自損事故傷害が付帯されます。自損事故傷害は、運転中の操作ミスなどにより自損事故を起こし怪我をした場合に、保有者・運転者・搭乗者が死傷し、その損害について自賠責保険から支払われない場合に保険金をお支払いします。

支払われる保険金

死亡保険金
1名につき1,500万円
後遺障害保険金
1名につき50〜1,800万円
医療保険金
医師の治療を必要としない程度に治った日まで治療日数に対して、1名につき入院1日6,000円、通院4,000円。ただし、1回の事故につき100万円を限度。
重度後遺障害保険金
所定の重い後遺障害を被った場合で、かつ介護が必要と認められるときには、重度後遺障害保険金として1名につき200万円をお支払いします。

なお、ファミリーバイク特約だけを使っても自動車保険の等級自体には影響はありません。ノーカウント事故として、次年度も更新時に1等級等級が進みます。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大