ソルベンシーマージン比率

ソルベンシーマージン比率は保険金の支払能力を表す指標の1つです。一般的に200%を超えていればその損害保険会社は 十分な支払い能力を持っていると考えられています。詳細は ソルベンシー・マージン比率 をご覧ください。

損保各社平成29年3月期(2016年4月〜2017年3月)決算より抜粋
ソルベンシーマージン比率
     2016年度
  1 共栄火災   941.4%
  2 富士火災   889.7%
  3 東京海上日動   860.9%
  4 あいおいニッセイ同和   851.6%
  5 AIU   834.8%
  6 そんぽ24   833.0%
  7 朝日火災   731.6%
  8 ソニー損保   ※730.8%
  9 アクサダイレクト   695.7%
 10 三井住友海上   691.0%
 11 損保ジャパン日本興亜   677.0%
 12 チューリッヒ   676.7%
 13 セコム損保   651.8%
 14 セゾン自動車火災   562.0%
 15 三井ダイレクト損保   431.4%
 16 SBI損害保険   365.9%
 17 イーデザイン損害保険   345.6%
※単体ソルベンシー・マージン比率

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大