自動車の用語

カーエアコン
車室内を快適な状態に保つための冷暖房や換気を行う装置。マイコンを使ってドライバーがセットした温度に保つ機能をもつオートマチック・エアコンディショナーが主流。
カーコンポ
カーコンポーネントステレオを略したもの。アンプ、チューナー、カセットデッキなどの構成部品(コンポーネント)を組み合わせて作られたオーディオ装置。
カーテシーライト
夜間にドアを開いた時に自動的に点灯して足元を照明するライト。後続車にドアが開いていることを知らせる警告灯の働きもある。
カーボンファイバー・コンポジット
炭素繊維強化樹脂。軽量で強度、弾性率が高いことの他に振動の減衰性がよく、振動、騒音が伝わりにくいという特徴があり、自動車用の材料として注目されている。
回転数感応型パワーステアリング
パワーステアリングでエンジンの回転数が上がるにつれてハンドルが重くなるようにし、高速走行時の直進安定性を良くする。
過給圧
ターボチャージャーエンジンの吸気圧力のことで、大気圧との差を水銀柱高さ(mmHg)で示す。
風切り音
車が高速で走行する時、車体の回り、特に乗員に近い部分の突起や段差によって気流が乱され発生する騒音が、窓やボディパネルを透過して聞こえるもの。
加速性能
車が速度を増す能力で、動力性能の目安の一つ。
ガソリン
石油の原油を蒸留した時に最初に得られる沸点の範囲が30〜200℃の留分で、自動車用、航空機用、工業用の3種類がある。自動車用は、オクタン価もよってプレミアムガソリンとレギュラーガソリンに、アルキル鉛の添加の有無により加鉛ガソリンと無鉛ガソリンにに分類される。
可倒式ミラー
物にぶつかると倒れるようになっているアウターミラー(ドアミラー)。車庫入れなど狭いスペースに駐車する時の妨げにんあらないように折りたためる構造の電動格納式のものもある。
可変吸気システム
エンジンの回転数に応じて吸気管の数、長さ、径などを変えて吸気脈動効果を利用して吸入効率をよくするシステム。可変システムの中ではシンプルな構造で大きな効果が得られるため、自動車メーカー各社が競って採用している。
可変ステアリングホイール
ステアリングホイールの角度や長さが、ドライバーの体格や姿勢に合うように変えられるもの。運転席への乗り降りをしやすくするようにドアを開けと連動してハンドルが上がる機能などもある。
可変排気システム
排気ガスの通路を切り換え、排気音を小さくすると同時に排気抵抗を低減するシステム。トヨタは2ウェイ・エキゾースト・コントロール・システム、マツダはトリプルモード・デュアルエキゾースト・システム、三菱はアクティブ・エキゾースト・システムなどの呼称がある。
カムシャフト
4サイクルレシプロエンジンで、きゅうはいきバルブを開閉するためのカムが取り付けられているシャフト。エンジンはカムシャフトとバルブの位置によって、SOHC、DOHC、OHVなどに分類される。
ガラス繊維
高温で溶かされたガラスをノズルから引き出して固めた繊維状の材料。自動車ではFRTP(ガラス繊維強化熱可塑性樹脂)などの他にグラスウールとして断熱材や吸音材に使われている。
ガルウィングドア
ガルはかもめ。かもめが翼(ウィング)を広げたような形に開くドアのこと。ドアのヒンジはルーフに取り付けられており、ドアは上下に開閉する。ベンツの300SLに採用されて有名になった。
カロッツェリア
他の自動車メーカーの依頼に応じてクルマのデザインを提供し、試作車を作ったり少数のクルマの生産も行うイタリアの自動車メーカーのこと。
間欠ワイパー
ワイパーの動き方には一般に通常の速さと高速の2段階があり、スイッチを入れると連続して動くのが普通だが、小雨で水滴が少ない時などきれいに拭けず、かえって視界が悪くなることもあるので、一定の時間をおいて間欠的にワイパーを動かす装置が考えられた。
慣性過給
吸気管内の気柱の吸気脈動効果を利用してエンジンの体積効率を上げること。

キー
自動車のカギ。
キーインターロック機構
AT車のキーに取り付けられている機構で、インターロックは互いに組み合うことを意味し、駐車した時にシフトレバーをパーキング(P)の位置に入れないとキーが抜けず、キーを抜くとシフトレバーがP位置に固定される仕組み。AT車が駐車中に動かないようにするためのもの。
キーシリンダー
ドア、イグニッションスイッチ、トランクリッド、バックドア、グローボックスに取り付けられ、キーを差し込んで回すことによって施解錠が行われるもの。
キーリング照明
夜間、運転席側のドアを開けると、イグニッションキーを差し込む箇所にライトが点灯するようにしたもの。
キーレス・エントリーシステム
キーを用いないで(キーレス)ドアやトランクルームのロックをしたり、ロックを解除するシステム。電波や赤外線を利用したワイヤレス方式やドアにキーボードを設けて暗証番号を入力する方式などがある。
キーレス・ロック
キーを使わないでドアをロックすること。内側のロックボタンをオンにした状態で、外側のハンドルを引きながらドアを閉じるとドアがロックされるようになっているもの。
機械式燃料噴射
ガソリンインジェクションで、エンジンに吸入される空気の量に見合った動きをする計量板によって機械的に燃料の制御弁を動かすタイプのもの。燃料の軽量と噴射をメカニカルな装置を使って行うシステムで、かつてキャブレターに代わって燃料供給装置としてレース用エンジンに多く採用された。
キックスターター
モーターサイクルエンジンの始動方式の一つ。ライダーが足でスターターレバー(クランクアーム、キックアーム)を踏み下ろし、その回転力をクランクシャフトに伝えてエンジンを起動するもの。クラッチを切って始動するプライマリーキック方式と、クラッチを切っていると始動できず、ギヤをニュートラルにし、クラッチをつないだ状態で始動するセカンダリーキック方式とがある。
キックスタンド
バイクや自転車を止めておくとき倒れないように支えるための台や支持棒のこと。
キックダウン
AT車で一定の速度で走っているときに追越しなどで急加速をした場合、アクセルペダルを一杯に踏み込んで(キック)ギヤを一段下に下げる(ダウン)こと。略してKDといわれることもある。追越し(パッシング)のためのギヤを入れるということからパッシングギヤともいう。
逆相操舵
四輪操舵システムで後輪の操舵の方向が前輪と逆(逆相)の場合をいう。車の操縦性や小回りが重視される中低速走行時に、一般の前輪操舵の場合に比較して良好な操縦性が得られ、駐車や車庫入れのときに車の取り回しがよい。
逆バンク
曲線路で局面の横断方向の傾きがバンクとは逆にカーブの外側が低く、内側が高くなっているもの。
キャスターオフセット
車の前輪を前から見たとき、キングピン軸の中心線が路面を横切る点と、タイヤの中心線が路面と交差する点との間の距離。
キャストホイール
鋳造ホイール。アルミニウムやマグネシウムなどの軽合金を鋳造して作られるホイールで、リムとディスクが一体に作られていることからワンピースホイールとも呼ばれる。
キャニスター
お茶やたばこを入れる小型の金属容器のことだが、自動車ではフューエルタンクで蒸発した燃料ガスを漏らさないようにするために設けられている活性炭を入れた缶(チャコールキャニスター)をいう。
ギヤ抜け
マニュアル・トランスミッションで悪路走行などでシフトが抜けてニュートラル状態になること。ギヤが抜けないように歯にテーパーをつけたり、スプラインに段差をつけたりしてある。
ギヤ比
ギヤレシオともいい、一対の噛み合ったギヤ(歯車)の歯数の比で、回される方の歯数を回す方の歯数で割った値のこと。ギヤ比が2であれば、回される方のギヤの回転速度は半分になるが回転力(トルク)は2倍になって伝えられる。
キャビンスペース
客室の広さ。自動車をコンパクトに作っていかに居住空間を大きくするかは開発スタッフの最も苦心するところである。
キャブオーバー
キャブ(キャビン:運転室)がエンジンの上にあるということで、エンジンが運転室や車室の下に置かれているタイプの車の総称。
キャブレター
気化器。ガソリンを微粒化して空気と適当な割合で混合し、運転状態に応じてエンジンに供給する装置。
ギヤボックス
変速機のこと。アメリカではギヤケース、あるいはトランスミッションと呼ぶが、イギリスでトランスミッションというと、変速機だけではなくクラッチからファイナルドライブまでの駆動系全体をいう。
キャリパー
ディスクブレーキのディスクローターにブレーキパッドを押しつけるためのピストンやシリンダーを内蔵した部品で、ローターをまたぐように取り付けられているもの。キャリパーはコンパスに似た形の二股の先端で物の厚さを測る器具のことで、形が似ていることから名づけられた。
キャンバー角
車を前から見てタイヤの中心線が鉛直線となす角で、上が開いている状態をプラス(ポジティブ)、下開きをマイナス(ネガティブ)とする。
キャンバー摩耗
タイヤの異常摩耗(編摩耗)の一種で、タイヤにキャンバー角がつけられたまま長期間走行したかのように、トレッドの片側だけが摩耗すること。
吸音材
音(空気の振動)を吸収する目的で使用される素材。繊維を通気性の良い状態にパックしたものがほとんどで、音を繊維の隙間の空気の粘性によって弱めるもの。車にはグラスウールやフェルトが多く使われている。
吸気コントロール
ターボチャージャーで、過給圧を過大にしないように、設定圧以上になると吸気を逃すシステム。
求心力
自動車がある速度で旋回するとき、遠心力の反力として旋回中心方向に働く力で、質量に求心加速度を掛けて求められる。
急速充電
バッテリーの充電を短時間に行うこと。
共鳴過給システム
可変吸気システムで、その一部を共鳴室や共鳴管とし、共鳴(レゾナンス)現象を利用して過給効果を得るシステム。
居住性
静止状態の車室内の居心地をいい、室内空間の大きさ、カラーリング、内装、シート、視界など様々な要因によって決まる。
キングピンオフセット
車を前から見てキングピン中心線が路面と交わる点と、タイヤの設置中心またはタイヤの中心線が路面と交わる点との間の距離。タイヤの接地中心がキングピン中心線の路面の交点より外側にあるのが普通だったが、逆に内側に来るようにしてあるネガティブ・キングピンオフセットやオフセットがゼロに近いセンターポイント・ステアリングが主流になってきている。

空気清浄装置
空気中の塵(ちり)やたばこの煙などの微粒子を除く装置で、静電気によって微粒子を除く静電式と、フィルターを使う濾過(ろか)式があり、活性炭で臭いをとったり殺菌灯の紫外線で空気を消毒する装置を取り付けたものもある。
空気抵抗
車が走行するときに受ける空気の抵抗力は速度の二乗に比例して大きくなる。例えば60q/hにおける空気抵抗を基準に考えると速度が2倍の120q/hでは4倍の空気抵抗を受ける。普通、車の空気抵抗は抗力係数CDで示される。
空気ブレーキ
圧縮空気の膨張力を利用して制動を行うブレーキ装置。空気の流量を調整するだけの力で大きな制動力が得られるが、コンプレッサー(空気圧縮機)をはじめ複雑な装置が必要なので、大型トラックやバスに使われ、乗用車には採用されていない。
空車重量
空車状態の車両の重量。空車状態とは走行するのに必要最低限の装置と装備を備えた自動車の状態(乾燥状態)をいうが、規格や法規によってやや定義が異なる。ISO及びこれに準拠したJISでは、乾燥状態に、冷却液、タンクに90%以上の燃料、スペアタイヤ、工具などを加えた状態を、道路運送車両法では、冷却液、燃料、潤滑油などを全量入れ、運行に必要な装備をした状態をいう。
空走距離
自動車の制動試験で、ドライバーが車を止めようとしてアクセルペダルから足を離した瞬間からブレーキが効き始めるまでにクルマが進む距離。
クーペ
二人乗りで2ドアの乗用車をクーペと呼んでいたが、現在では4〜5人乗りでもリヤシート部分のルーフが短く、傾斜の大きいものはクーペと呼んでいる。後窓とトランクに段(ノッチ)のついているノッチドクーペ、これらがなだらかな線で結ばれているファーストバッククーペ、はね上げ式のハッチバックを付けたハッチバッククーペがある。
空力騒音
車の周囲の気流によって発生する騒音の総称。風切り音、吸い出し音、ウィンドスロッブなどがある。
空力特性
エアロダイナミクスともいい、気流の中に置かれた物体がその気流によって受ける力の総称。自動車の場合、路上を走行する車や、風洞内に固定された模型が空気の流れによって受ける力を、上下左右前後の力とモーメント(空力6分力)に分けて考え、これを空力特性と呼ぶが、そのほかに横風安定性や風切り音など空気の流れが関係する現象すべてを含めて言う場合もある。
クーリングファン・コンピュータ
電動式冷却ファンを制御するコンピューター。エンジンの冷却液の温度とラジエターの周囲の温度を温度センサーによって検知し、冷却ファンを効率よく運転する装置。
クールダウン性能
車室内を冷房するとき、エアコンを始動してから快適な温度になるまでの時間をいい、温度低下の速いエアコンほどクールダウン性能が良いという。
空冷式インタークーラー
インタークーラーの一種で走行中に受ける風を利用して冷却を行うタイプのもの。水冷式の三分に一の熱効率といわれるが、構造が簡単で、スピードが高いほど効率よく冷却ができるためターボエンジンを使用したレーシングカーではほとんどのマシンがこの方式を採用している。
クォーターウィンドガラス
サイドウィンドガラスの一つで、クォーターピラーとリヤピラーの間にあり、固定されていて、開閉できないのが普通。
クォーターパネル
リヤフェンダーともいい、後輪を覆う車体外側のパネルのこと。
駆動系
動力伝達系、パワートレインとも呼ばれ、エンジンの出力を駆動輪に伝えるシステム。クラッチ、トランスミッション(変速機)、プロペラシャフト(推進軸)、終減速装置(ディファレンシャルギヤ及びデフキャリア)、ドライブシャフト(駆動軸)などによって構成される。
駆動軸
エンジンの出力を駆動輪に伝える回転軸をいい、変速機から終減速装置に動力を伝達するプロペラシャフトと、終減速装置から車輪に駆動力を伝えるドライブシャフトとがある。アメリカではプロペラシャフトとドライブシャフトを区別しているが、イギリスではともにドライブシャフトと呼んでいる。
クラシックカー
第2次世界大戦以前に作られ、オリジナルな状態が維持されているクルマの総称。製造年次の区切りについては諸説があって明確ではないが、日本とアメリカでは第1次、第2次の両世界大戦の間(1919年〜1939年)に作られた乗用車をいうのが一般的である。イギリスでは1906年の第1回グランプレース以前、あるいは1914年〜1918年の第1次世界大戦以前に作られた自動車をベテランカー、1918年〜1931年の英国の経済恐慌までに作られた自動車をヴィンテージカーと呼んで区別している。
グラスルーフ
サンルーフの一種でルーフの一部がガラスで作られているもの。
クラッシャブルボディ
モノコックボディの乗用車で、衝突に備えてキャビンを頑丈で変形しにくい構造とし、車の前後をクラッシュゾーンとして潰れやすく衝撃吸収性の高い構造にして乗員の受けるショックを軽減するように作られたもの。
クラッシュストローク
自動車が衝突した際の衝突方向の変形量(長さ)のこと。
クラッシュゾーン
車が衝突した時につぶれ、その変形によって運動エネルギーを吸収して乗員に対するショックを緩和する部分(ゾーン)。クラッシュブルゾーンともいう。
クラッシュワージネス
車の対衝突安全性能のことで、衝突した時に乗員を保護する性能。ワージネスは価値あることを意味するワーシー(worthy)からきた言葉で、航空に耐える(airworthy)、航海に耐える(seaworthy)と同じく耐えるという意味に使われている。
クラッチ
クラッチの一般的な意味はしっかりと握ることだが、機械では動力の伝達を断続する機械要素をいう。自動車の多くの部品にはクラッチが使われているが、普通にクラッチといえばエンジンの動力を駆動系に伝えたり切ったりするための装置のことをさす。エンジン回転のむらを吸収する働きもする。
クラッチ切れ点
クラッチペダルのストローク(動き始める点から一杯に踏み込んだ点までの距離)の間でクラッチが切れるポイント。
クラッチペダル
摩擦クラッチを操作するためのペダル。ペダルは足を意味するラテン語のpedisに由来する言葉。クラッチとケーブルで結ばれるタイプもあるが、今日ではほとんどの車が油圧によってクラッチを動かす。
グラベルベッド
砂利床。レースコースに接してコーナーの外側に設けられている砂利(グラベル)の敷かれたエリアのこと。コースアウトした車の減速を目的としたもの。
クランキング
エンジンのクランク軸を回し、エンジンを始動させること。古くは乙字型のハンドルで直接クランク軸を回す機械式もあったが、現在はスターターモーターでフライホイールを回して始動するのが普通。
クランク
往復運動を運動回転に、逆に回転運動に変えるメカニズムで、自転車のペダルのようなもののこと。レシプロエンジンで混合機の爆発によって得られる往復運動を回転運動に変える軸をクランクシャフトという。
クランクシャフト
クランク軸とも呼ばれ、レシプロエンジンでピストンの往復運動を回転運動に変える軸のこと。メインベアリングに支えられており、クランクジャーナルと呼ばれる主軸と、コンロッドが取り付けられるクランクピンとアーム、これと重量バランスを取るためのカウンターウェイトからできている。エンジンの主柱ともいえる部品であり、高炭素鋼で作られ、小さいエンジンには鋳造品もあるが、多くは鍛造品である。
グランツーリスモ
グランドツーリングカーのイタリア語。
グランドツーリングカー
ツーリングカーで、特に長距離を快適にドライブするため、高性能エンジンを搭載し、操縦性安定性に優れ、居住性の良い自動車のこと。グランツーリスモあるいは英語の頭文字をとってGTカーとも呼ばれる。
クリアランスランプ
日本では車幅等を意味するが、英語では車幅灯のほかに大型車で夜間、その大きさが分かるように、車体の前後左右の端に近いところに取り付けてあるランプを指すこともある。
グリース
減摩油。潤滑油に金属石鹸などの増ちょう剤を加えて常温でのり状になるようにしたもの。温度の高いところでは液状になって潤滑作用を行う。
クリープ
英語でゆっくり進むという意味で、AT車でセレクターレバーがDやRなど走行できる位置にあるとき、アクセルペダルを踏みこまなくても車がゆっくり動くこと。エンジンのアイドリング時にもトルクコンバーターが働いているために起こる現象で、渋滞中にうっかりしていて追突する危険もあるが、ブレーキを弛めるだけでクルマを少し前に進めたり、バックで車庫入れをする時に使うと便利。
クリッピングポイント
アウト・イン・アウトのコーナリングを行うときコーナー内側に最も近づくポイント。クリッピングはすれすれに通るという意味のあるクリップからきた言葉。
グリップ
英語でタイヤと路面の摩擦力を表現するのに、しっかりつかむという意味のグリップという言葉を使うが、これが日本語になったもの。アドヒージョンともいう。
グリップ走法
コーナリングテクニックの一つで、タイヤをスライドさせず接地力(グリップ)をフルに使って走行するもの。ドリフト走行と対比して使われる用語。
グリル
格子あるいは格子状のもの。自動車の部品としてはラジエターグリルや換気用のベンチレーターグリルなどがある。
クルーズコントロール
@低速走行装置。希望する速度にセットすると、ドライバーがアクセル操作をしなくてもその速度を維持して車を走行させる装置で、初めてのシステムは1961年にキャデラックにオプションとして装備された。オートドライブ、オートマチック、スピードコントロール、オートクルーズなど様々な呼び方がある。クルーズは自動車で長距離を走行すること。A車速制御に加えて車間距離もコントロールするシステム。先行車との車間距離をセンサーで検知し、スロットルとブレーキをコンピューターで制御して、安全な間隔を保って追随走行することができるもの。
クルーズコンピューター・システム
トヨタの情報表示システムの名称。
グルーブ
タイヤのトレッド面に刻まれたU字形あるいはV字形の断面をもつ溝のこと。濡れた路面を走行するときの排水とトレッドゴムから生じた熱を放散する機能を持つ。
グループA
競技用のツーリングカー。FISAが定める国際スポーツ法典付則J項に定められる国際的な車両のクラス分けの一つで、4座席以上の大規模生産ツーリングカーをいう。
クレイモデル
自動車のエクステリア(外観)やインテリア(内装)などのデザインを検討するために作られる粘土(クレイ)の模型。
クレーム
買い手が購入した品物の品質に不満なとき、売り手に対してその不満や苦情を申し述べたり、品物の交換や無償保証修理を請求すること。
グロス
自動車では塗装面や室内の部品などの光沢をいう。
クロスプライタイヤ
バイアスタイヤとも呼ばれ、カーカスコードがタイヤの周方向中心線に対してある角度(コード角:通常20〜40度)で交差(クロス)するように、プライを薄いゴムの層を介して交互に貼り合わせた構造をもつタイヤ。重ね合わされたプライが接地面であたかも電車のパンタグラフが動くような形になり、これによってショックを吸収する。ラジアルタイヤに比較し性能特性がマイルドで乗り心地は良いが摩耗は早い。
クロスメンバー
車体の強度、剛性を上げるために用いられている部材で、クルマに対して横方向(クロス)に設けられているもの。前部に置かれているフロントクロスメンバーやフロアを補強するフロアクロスメンバーなどがある。

計器灯
計器盤を証明する灯火。明るさを調整できるタイプのものもある。
計器盤
メーター類やスイッチ、オーディオシステム、エアコンユニットなどが収納されている部分。
軽合金ホイール
軽量で剛性の高いアルミニウムやマグネシウムなど軽金属の合金を素材として作られたホイールで、それぞれアルミホイール、マグネシウムホイールと呼ばれる。
形状記憶合金
常温で形を変えても、ある温度以上にまで加熱すると元の形に戻る性質をもつ合金。ニッケルチタン系(ニチノール)と銅系の合金がよく知られており、他に鉄や金、銀をベースにしたものなども開発されている。自動車部品用としても採用が検討されているが、量産車への適用は今のところない。
軽油
原油を蒸留して得られる沸点の範囲が150〜370℃の留分で、ディーゼルエンジンの燃料として使用され、日本では燃料が流動性を失う温度(流動点)によってグレード分けが行われ、気温によって使い分けられている。
ケルメットメタル
軸受に使用される銅と鉛の合金。軸受材料として最も一般的なホワイトメタルに比較して硬く、耐疲労性に優れ、銅の熱伝導の良さと鉛の潤滑作用を兼ね備えていることから高速、高荷重用のベアリングとして使用されている。
減速比
変速機や動力取り出し装置などの、入力軸と出力軸の回転数の比。エンジンは限られた回転数の範囲で動力を発生するので、車が様々な速度で走行するにはギヤを介してエンジンの回転数とトランスミッションの出力軸の回転数とトランスミッションの出力軸の回転数の比、つまりトランスミッションによって減速されるエンジン回転の割合を減速比といい、さらにこの回転がディファレンシャルギヤを経てホイールを回す駆動軸に伝えられたとき、エンジンの主力軸の回転数と駆動軸の回転数の比を総減速比という。

コイルスプリング
ばね鋼の丸棒を円筒状にまいて作られたばね。力が加わると各部分がねじれて弾性を生じ、丸棒の太さ、巻き数と巻き径でこれをコントロールする。サスペンションに使われるスプリングの主な働きは衝撃力の吸収だが車の操縦性安定性、乗り心地や振動騒音特性など基本的な特性を決める重要な部品である。
光化学スモッグ
自動車の排気ガスや工場の煙突から排出されるガスに含まれる炭化水素や窒素酸化物が、大気中で強い日光(特に紫外線)の影響を受けて化学反応(光化学反応)を起こし、PANやアルデヒド類など刺激性の強い酸化物(オキシダント)を含むスモッグとなる。これを光化学スモッグと呼び、1940年代中頃に自動車の普及率が高く、地形的にこうした現象が起こりやすいロサンゼルスで発生が認められ、日本では60年代後半から70年代にかけて大きな社会問題となった。
合金化亜鉛メッキ鋼板
亜鉛メッキした鋼板を熱処理して表面を鉄と亜鉛の合金にしたもの。
剛性
物体が力を受けて弾性変形するとき、その変形に対する抵抗の度合いをいい、曲げ変形に対して曲げ剛性、ねじり変形に対してねじり剛性などのようにいう。
高鮮映性鋼板
高級乗用車に使われている塗装表面に反射する映像の歪みを少なくした鋼板。ボディ用の鋼板にはプレス加工がしやすいように細かい凹凸模様が付けてあるが、この模様付けをパルス化したレーザー光によってきめ細かく行い、塗装後の見栄えをよくしたもの。
高張力鋼板
引っ張り強度が外板に使われる通常の圧延鋼板より大きい鋼板で、熱間圧延によって作られる熱延高張力鋼板と、冷間圧延によって作られる冷間高張力鋼板があり、メンバーやブラケット、バンパーなどに使われている。
勾配抵抗
走行抵抗の一つで、自動車が坂を登るときに進行方向と反対向きに働く力。重力の分力で、車両総重量に勾配の正弦を掛けたものとして得られる。
後面衝突
自動車の後部と他の構造物などの物体との衝突のこと。自動車同士の場合は追突という。
コークボトルライン
車を横から見たとき、コカコーラの瓶(ボトル)のように前後に膨らみをもち、中央部がくびれたシルエットをもつデザインのこと。1960年代のアメリカ車に多く見られる。
コーチビルダー
イギリスで他社のエンジンやシャシーをベースに特別注文のカスタムカーを設計・制作するメーカーのこと。イタリアのカロッツェリアの作るクルマが斬新で流麗なデザインを特徴としているのに対し、高級イメージを強く打ち出している。
コーナリングランプ
車の旋回方向を照らすランプで、前側面に取り付けられており、ターンシグナルランプと連動して点灯する。
コールドスタート・インジェクター
電子制御のガソリン噴射で気温が低いときのエンジンのかかりを良くするため、エンジンの温度に応じて始動時にだけサージタンクに燃料を噴射する装置。
国際自動車スポーツ連盟
FISA(フィザ)。国際自動車連盟傘下で、モータースポーツに関する国際的な取り決めを行う最高機関。各国のモータースポーツを統括する団体(日本はJAF)が加盟している。
国際自動車連盟
FIA(エスアイエー)。世界各国の自動車連盟が参加している連合組織で、パリに本部がある。日本からは日本自動車連盟(JAF)が加盟している。
国籍マーク
車が登録されている国を表示するマークで、横長で楕円形のプレートに白地に黒でD(ドイツ)、F(フランス)、GB(英国)などのように略字で示される。特に国境を越えて車が移動する機会の多いヨーロッパでは、自国車と他国車の識別を行う必要がある場合を考慮し、このマークの掲示が義務付けられている。日本の国籍マークはJ。
コックピット
操縦席。レーシングカーやスポーツカーの運転席。
固定型キャリパー
オポーズドシリンダー型ディスクブレーキのキャリパーのこと。
コマーシャルバン
乗用車タイプのバンのこと。ステーションワゴンとほぼ同じ構造のクルマだが、ワゴンは乗員の居住性を重視するのに対し、バンは荷物の運搬に重点を置いて作られた商用車。
コラプシブルハンドル
衝撃吸収式ハンドル。
コラムシフト
ステアリングコラムに取り付けられたレバーでトランスミッションを操作するやり方。フロアシフトに比較し、ハンドルの近くにシフトレバーがあるので操作は楽だが、リンク機構が長くなるので遊びが大きくなりシフトのフィーリングが良くない。
混合気
ガソリンエンジンに吸入される空気とガソリンの混合気。
混合給油方式
2サイクルエンジンで、ガソリンに潤滑油を混入して給油する方式。ガソリンに対するオイルの量が一定なので、オイルの消費量が多く、排気ガスにHCが多いのが難点。
コンシールドワイパー
ウィンドシールドワイパーで、使用しない時にフードパネルの下に収納されるタイプのもの。前方の視界を良くし、外観をすっきりさせるために高級車に多く採用されている。
コンストラクター
自動車ではレーシングカーの製造者(メーカー)のことをいう。
コンソールボックス
セパレートシートの間のスロアパネルに置かれている箱状のもの。シフトレバーを覆うだけの簡単なものからインストルメントパネルの一部となってオーディオシステムやエアコンの調整装置などが付き、小物入れや灰皿などを取り付けられたものもある。
コントローラー
統制するものを意味し、センサーから入ってくる情報(信号)をメモリーに照らして判断し、アクチュエーターに指令を発する装置で、マイコンが使われるのが普通。
コンバーチブル
乗用車ではルーフが折りたためる幌付きのクルマのこと。幌が柔らかい帆布や革でできていることからソフトトップとも呼ばれる。
コンバインド型パワーステアリング
リンケージ型パワーステアリングで、コントロールバルブとパワーシリンダーが一体(コンバイン)となってステアリングリンケージの途中に組み込まれているタイプのもの。
コンバインド燃費
米国でCAFE(カフェ:メーカー平均燃費)を計算するにあたって使用される燃費で、普通に車を使ったときの燃費として、都市内走行のシティ燃費55%とハイウェイ走行のハイウェイ燃費45%を合わせ(コンバインド)、両方の燃費の調和平均で計算する。
コンパウンド
ワックスに研磨材を混合したもの。塗装の表面の傷を除くのに使われる。
コンビネーションスイッチ
幾つかのスイッチを一つにまとめたもののこと。通常ステアリングコラムに付いているレバーで、ターンシグナルスイッチ、ライトコントロールスイッチ、フロントワイパースイッチなどが一体になっているものをいう。
コンビネーションメーター
速度計、エンジン回転計、燃料計などの計器類やフラッシャー、ハイビーム、各種ウォーニングをまとめて一体に作られたメーター。
コンプレッサー
自動車には様々なコンプレッサーが使われるが、一般にはターボチャージャーやスーパーチャージャーの部品としての圧縮機をいう。
コンプレッションロッド
サスペンションアームとしてIアームを使うサスペンションで、Iアームの先端とアクスルより後方のボディを結び、ホイールにかかる前後方向の力を後ろから支えるロッド。
コンポジット・プロペラシャフト
プロペラシャフトは鉄製が一般的だが、CFRP(炭素繊維強化樹脂)やFRTP(ガラス繊維強化樹脂)などの複合材料をチューブに使ったプロペラシャフトが開発されている。軽量であることと、とかく問題になりがちな曲げやねじりの共振点を調整できるという特徴があるが、高価なことが難点。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大