とにかく無事故を続けること

無事故を続けると保険料は安くなる

保険料を安くする最も重要なポイントは、なんと言っても事故を起こさないこと。

「毎年高い保険料を払っているのに、一度も保険金をもらったことがない」

なんて不平は言わず、くれぐれも安全運転を心がけてください。無事故を続け、保険を使わないでいると、数年後には信じられないくらい安い保険料になっているものです。

実は、任意保険は自賠責保険と違って、「等級別料率制度」をとっています。これは、無事故を続ける優良ドライバーには毎年保険料をどんどん安くし、反対に事故を起こして保険を使ったドライバーには、保険料を高くするというシステムです。

保険を使うと3等級もしくは1等級ダウン

自動車保険で保険金を請求した場合、翌年の継続時にはノンフリート等級等級で3等級もしくは1等級下がります。そして、事故有係数適用期間が0年になるまで通常より割増の保険料を支払う必要性がでてきます。

ただし、保険金請求をしても等級がダウンしなケースがあります。

[例]
・相手に追突をされて人身傷害と搭乗者傷害保険の請求をした。
・ファミリーバイク特約を利用して、ケガをした相手の治療費を払った。
・弁護士特約を利用した。

自動車保険を利用すると必ず等級が下がるわけではありません。保険金を請求する必要がある事故が発生した場合は、ご加入の各保険会社もしくは代理店にご相談ください。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大