車両保険の存在意義

車両保険ってそもそも何?

車両保険とは、偶然の事故により保険契約をしている自車が損害を受けた場合に、車の修理代等が支払われる保険、つまり「自分の車の損害を補填する」保険のことです。

例えば、以下のような場合に車両保険が活躍します。

【例】Aさん(自分)とBさん(相手)が自動車事故を起こしました。
Aさん(自分)とBさん(相手)が自動車事故
Aさん(自分)の車の修理代は50万円過失割合は80%でした。
※過失割合とは事故を起こした責任の割合のことです。交通事故の場合、双方に過失がある場合が多く、その時の過失割合に応じて賠償額が相殺されます。 よく【8対2】や【7対3】といった言葉を耳にしますが、これは過失の割合を表した言葉です。
この例の場合、お互いに自動車保険を使うのであれば過失割合に応じて下記のように修理代を支払うことになります。 車の修理代の合計:50万円(100%)
過失割合
仮に、この時Aさんが車両保険を付帯していなければ40万円は自分の財布から支払うことになります。
この様に、自分にも過失がある自動車事故を起こしてしまった際に、あってうれしいのが車両保険です。

車両保険はこのような場合に役に立つ!

車両保険が適用されるのは、以下のような場合です。

  • ・自分にも過失がある事故での車の修理代
  • ・当て逃げによる車の損傷
  • ・単独事故による車の損傷
  • ・車の盗難

また車両保険はいくつか種類がありそれによって補償できる範囲が異なります。

  一般車両 エコノミー+限定A エコノミー 限定A
他車との衝突  
当て逃げ      
単独事故      
盗難  
火災・爆発  
台風・洪水  
落書き  
いたずら  
備考
ほとんどのリスクを軽減することができます。
単独事故・当て逃げ以外のリスクを軽減することができます。
車との衝突の場合に限りリスクを軽減することができます。
駐車中のリスクに対して軽減することができます。
※保険の窓口インズウェブを運営するSBIホールディングス株式会社は保険会社または保険代理店ではありませんので、保険の媒介・募集・販売行為は一切行いません。
※詳細につきましては各保険会社または代理店にご確認下さい。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大