交通事故の恐ろしい実態

自動車事故も死亡事故も減少傾向にある

ここ数年、交通事故による死者数(30日以内死者)は減少傾向にあります。1996年に年間の交通事故死者が1万人を下回ってからというもの、死者数はコンスタントに減り続け、2005年は8492人、2010年は5772名となっております。

自動車事故も死亡事故も減少傾向にある

また、自動車事故による負傷者数も、2005年の118万人をピークに減少する傾向にあります。事故の件数が大幅に減った要因として考えられるのが、飲酒運転の減少が考えられます。 2007年9月ならびに2009年6月に施行された道路交通法の改正で罰則が強化され、飲酒ありによる死亡事故は2000年から10年間で半減するというような結果にいたっております。

自動車事故による負傷者数

自動車保険で金銭的リスクに備える

自動車事故の件数自体は減っておりますが、いったいどうやってその危険から身を守ればいいのでしょうか?

まず当たり前のことですが、安全運転を心がけて事故を起こさないこと。しかし、それでも運悪く事故の当事者になってしまったらどうするか? そのあとの自衛手段としては、今のところ「自動車保険」に加入しておくしか方法はありません。

交通事故が起きると、必ず金銭的な損害が発生します。たとえば、車が破損したら車の修理代がかかるし、人がケガをしたら治療費がかかります。また、万一、被害者が死亡するようなことになれば、遺族への補償をしなければなりません。つまり、交通事故の後には、例外なく「お金」の問題が発生するわけですが、そういったリスク(危険)を前提に作られたのが自動車保険なのです。

「自分に限って交通事故なんて起こすわけない…」

多くのドライバーは、心のどこかでそう思っていることでしょう。いや、そう思っていなければ、ハンドルを握ることなどできないかもしれません。しかし、交通事故という悲劇は、かなりの確率で、あなたのすぐそばに忍び寄っているのです。

[参考]自動車事故による死傷者数
  17年18年19年20年21年
30日以内死者 7,9317,2726,6396,0235,772
24時間死者6,8716,3525,7445,1554,914
30日死者1,060920895868858
負傷者数 1,156,6331,098,1991,034,445945,504910,115
重傷者数68,95064,12261,01056,80353,690

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大