廃車・売却・海外転勤など 長期間クルマを手放すときの保険手続きは・・?

1.中断証明書の概要

クルマの廃車・売却や海外転勤などで長期間にわたって車を手放すときは、保険会社に「中断手続き」を申請すれば、10年間にわたって、前契約の等級をそのまま引き継ぐことができます。

2.中断証明書発行時の注意点

中断証明書は契約している自動車保険の満期日または解約日で取得することになります。
同時に中断証明書発行手続きをすれば問題ないのですが、手続きを忘れた場合には以下の点に注意をしてください。

※契約している自動車保険の満期日または解約日より13か月以内に手続きを行わなければ中断証明書は発行できません

3.中断証明書発行の条件

中断証明書は契約している自動車保険の満期日または解約日で無条件で発行できるわけではありません。
クルマを手放す、または乗れない事由がはっきりとしていないといけません。
例えば、単に「クルマに暫く乗らないし、解約して中断しよう」という理由では、中断証明書は発行できません。
以下に中断証明書を発行できる事由を列挙しましたのでご参考ください。

  1. @廃車
  2. A他人への譲渡(売却も含まれる)
  3. Bリース会社への返還
  4. C車検切れ
  5. D一時的にクルマの使用を中止する一時抹消
  6. E複数台の車を所有している場合、ある契約車両の廃車・譲渡・返還に伴い、
    補償の対象となる被保険自動車を他の契約車両と入れ替えていること
  7. F海外渡航

4.中断証明書発行手続き時の必要書類について

中断証明書を発行する際にはその中断すべき事由に応じて用意する書類が異なります。
詳細は契約している保険会社への確認が必要になりますが、下記に例を挙げましたのでご参考ください。

  • ・廃車 ⇒ 廃車した日が確認できる書類
  • ・他人への譲渡、リース会社への返還 ⇒ 名義変更前後の車検証写し
  • ・車検切れ ⇒ 車検証写し
  • ・一時的にクルマの使用を中止する一時抹消 ⇒ 登録事項等証明書
    複数台の車を所有している場合、ある契約車両の廃車・譲渡・返還に伴い、補償の対象となる被保険自動車を 他の契約車両と入れ替えていること ⇒ 車両入替を行っていることが確認できる承認請求書の写し
  • ・海外渡航 ⇒ 発行時の必要書類はなし

※必要書類については保険会社によって省略できる場合もあります
※いずれもその事由が発生した日を確認できることが重要ですのでご注意ください

5.中断証明書を使用して自動車保険を新たに契約する

クルマを新たに取得し、自動車保険を契約する際に中断証明書を提示すれば、当時の等級にて加入することができます。
海外渡航で中断証明書を取得していた場合には、パスポートで渡航履歴を確認する場合もあるので注意してください。

クルマを乗り換えたときはどんな手続きが必要なの?

ご契約のクルマを新しく購入し、乗り換える場合での手続き方法には以下の2つがあります。

1.車両入替

ご契約中の保険会社にてお車の情報を変更する一般的な方法です。この際、車両保険にご加入の場合は車両保険金額の変更も必要ですのでご注意ください。手続きの必要な書類の一般例は下記の通りです。

  《必要書類》
  • ・新しいクルマの車検証
  • ・車両入替の承認請求書(変更届出書)へのサインまたは捺印

条件によりますが、お支払いの保険料が変わります。月々のお支払い額が増減したり、年払いの場合には保険料の追徴もしくは返還が発生します。

2.中途更改

ご契約中の保険会社を途中で解約し、新たな保険会社にて契約する方法です。
手続きの必要な書類の一般例は下記の通りです。

  《必要書類》
  •  ・新しいクルマの車検証
  •  ・解約の承認請求書(変更届出書)へのサインまたは捺印 [現在の保険会社]
  •  ・申込書へのサインまたは捺印 [新しい保険会社]
  •  ・保険料引落先の設定 [新しい保険会社]

保険会社を乗り換えることになりますので、車両入替手続きと異なりメリットデメリットがあります。
保険期間の説明と併せて整理しましたので、ご参考ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大