自動車保険の「特約」に注目!

最近の自動車保険にはユニークな「特約」が数多く用意されています

最近の自動車保険には、ユニークな「特約」が数多く用意されています。
特約とは、基本保険料に少しの保険料をプラスすることで、さらに幅広い補償やサービスを受けることができるというもの。イザというときに役立つ特約を見極めて、契約前には自分のカーライフに必要なものをしっかり選んでおくことが大切です。

逆に、保険会社から提案される「おすすめ契約」をそのまま鵜呑みにして契約してしまうのは要注意です。「おすすめ契約」には、あらかじめさまざまな特約がセットされていることが多いので、中身も知らずに、あれもこれもかけていたら、保険料は知らないうちにとても高いものになってしまいます。たとえば、ゴルフをやらない人が「ゴルフ特約」をつけたり、子供のいない人が「子供特約」をつけていても、まったく意味がありませんよね。自分にとってこの特約が必要かどうかをよく見極めて選んでいくとよいでしょう。

子供特約

被保険者の子供が運転するようになったとき、特約をつけることによって比較的安い保険料で子供の事故も補償してくれるというもの。子供の年齢によって保険料に差がつきますが、主契約の年齢条件そのものを変えるよりはおトクです。 ただし、保険会社によっては売り止めのところも多いようです。

代車費用担保特約

事故によって契約している車が使用できなくなったとき、同程度のレンタカーを借りた日数分の保険金が支払われるという特約。保険金額は1日当たり5000円、といった具合に、修理が完了するまでの期間支払われます。毎日欠かさず車を使用している人には、いざというとき便利な特約といえるでしょう。

新車取得費用担保保険特約

この特約をつけていると、契約時に設定しておいた価格を限度に、新車の購入費用をまかなえるというもの。通常、車が損傷を受けた場合、車両保険から支払われるのは、修理費か時価額が上限になり、新車同様の車が全損となっても、新車を買えるだけの保険金は受け取れません。この保険を使うことはレアケースではありますが、新しい車を所有していて、万一のことが心配な人は検討してみるとよいでしょう。

身の回り品担保特約

車内やトランク内に積んであった個人の所有物が、交通事故で損害を受けたときに補償してくれるもの。自損事故の衝撃でカメラが壊れてしまったようなときにも損害が補償されます。最近はルーフキャリアにアウトドア用品をどっさり積んで移動している人も多いようですが、身の回り品特約はそうした荷物にも有効です。

弁護士費用等補償特約

示談交渉だけでなく、民事裁判になった場合の弁護士費用を負担してくれるというもの。

ゴルフ特約

ゴルフプレー中のケガ、賠償、用品の損害、ホールインワン費用をカバーする保険。ゴルフ保険を単独でかけるより、自動車保険とセットで掛けるほうが安いので、ゴルファーにはおすすめですが、ゴルフと無縁の人には全く関係のない特約です。

ペット特約

車に搭乗中の事故でペットが死傷した場合に「葬祭費用」や「治療費用」が補償される特約です。ペットが一緒に乗っていなくても、飼い主が事故で入院してしまいペットシッターやペットホテルを利用した場合、利用日数に応じて補償をしてくる特約です。また、ペットがいたずらをして他人の物を壊したり、他人にケガをさせてしまい、飼い主が法律上の損害賠償責任を負担する場合に補償をしてくれます。ペットを車に乗せて移動される愛犬家、愛猫家の方は検討してみるとよいでしょう。

自転車事故補償特約

自転車で走行中または搭乗中の事故で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまい法律上の損害賠償責任を負担する場合に、死亡保険金、後遺障害保険金、入院一時金、入院保険金などを補償してくれる特約です。自転車事故も増えてきていますので、自転車に乗る方には安心の特約です。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約

地震・噴火またはこれらによる津波によって契約している車が全損となった場合に、記名被保険者が中古車購入など移動手段を確保するための臨時費用として、最大50万円の一時金が支払われます。車両保険を付帯している方がオプションとして地震・噴火・津波車両全損時一時金特約を付帯することができる特約です。

※補償内容は損害保険会社およびその商品等によっても異なりますので、詳細につきましては各保険会社または代理店に必ずご確認ください。

自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス
フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大