自動車保険業界ニュース

アメリカンホーム・ダイレクト、広島東洋カープの試合で「きぼうのMAEMUKIデー」を開催(2014/09/24)

 アメリカンホームは、日本一周駅伝プロジェクト「みんなのMAEMUKI(まえ向き)駅伝2014」の一環として実施する「きぼうのMAEMUKIプロジェクト」第5弾として、8月26日に「アメリカンホーム・ダイレクト きぼうのMAEMUKIデー」を広島東洋カープの本拠地、マツダスタジアムで開催した。広島東洋カープの協力のもと、1試合をスポンサードゲームとし、NPO法人キャンサーネットジャパン(CNJ)が実施している、レモネードを売って寄付を募り、小児がん患者の支援や研究、啓発活動に充てるレモネードスタンド活動を来場者に紹介した。
 レモネードスタンドは、自らも小児がんと闘う米国の少女、アレックスさん(当時4歳)が「レモネードを売ったお金で病気の子どもたちを助けたいの!」と、自宅の庭にレモネードスタンドを開くアイデアを提案したことがはじまりとされている。「病院に研究費を寄付するためにレモネードを売る」という噂は近所の人たちに広まり、当日は2000ドルを売り上げたことで、マスコミにも取り上げられ、彼女の活動は全米に知られることになったプログラム。
 2万8145人が来場したスポンサードゲームでは、CNJとアメリカンホーム社員のボランティアがレモネードを来場者に配布し、レモネードスタンド活動の啓発活動を実施。また、小児病棟で病気と闘う子どもたちとその家族をマツダスタジアムへ招待し、スタジアム・ツアーや選手との交流を行った。選手と来場者からは、闘病中の子どもたちに向けた応援メッセージも寄せられた。
 なお、アメリカンホームは同日、球場内で社団福祉法人中国新聞社会事業団、広島女学院大学と協力し、広島市の土砂災害の被災地のための義援金受付を実施。合計104万2338円が集まった。募金は日本赤十字社を通じて被災地の支援活動に使われる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大