自動車保険業界ニュース

チューリッヒ、スーパーバイク保険に車両保険を新設(2014/12/02)

 チューリッヒ保険は、保険始期日が2015年1月1日以降のスーパーバイク保険について、車両保険の販売を開始するとともに、保険料率などの改定を実施した。
 バイクを趣味として楽しむリターンライダーの増加などに伴い、バイク自体の損害を補償する車両保険のニーズは以前にも増して高まっている。一方で、バイク保険では車両保険があまり普及していないのが現状。そこで、スーパーバイク保険に車両保険を新設して販売することにした。
 この保険では、他の自動車(バイク、原付自転車を含む)との接触・衝突などの事故(車対車事故)によって、契約したバイク自体に損害が生じた場合、その損害を補償。あわせて、他車運転補償に関する車両特則を新設し、知人から臨時に借りたバイクなど、契約車以外を運転中に車対車事故によってそのバイクを損傷した場合についても補償するようにした。このほか、保険料率の改定、弁護士費用等補償特約の改定なども実施した。
◆その他の主な商品改定
▽保険料率の改定
 直近の事故データに基づき、年間予定走行距離、運転者の年齢などリスク実態の検証を行い、保険料率の改定を行った。年齢が30〜50代、ゴールド免許、年間予定走行距離が比較的短い人などにとって、さらにリーズナブルな保険料となる。
▽弁護士費用等補償特約の改定
 弁護士だけでなく司法書士や行政書士への報酬などに係る費用を補償の範囲に含めるとともに、着手金など、判決・示談などが確定する前での支払いを可能とした。また、法律相談に係る費用について補償の範囲に含めることにし、より利用しやすい内容に改定。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大