自動車保険業界ニュース

あいおいニッセイ同和損保、テレマティクス技術を活用した「つながる自動車保険」を発売(2015/02/05)

 あいおいニッセイ同和損保は、4月から最先端のテレマティクス技術と融合した先進的・合理的な自動車保険「つながる自動車保険」を発売する。同商品は、トヨタ自動車が展開するカーナビに搭載しているテレマティクスサービス「T-Connect」と連動し、取得した車両運行情報を、走行距離に基づいた保険料の算出や安全運転アドバイス等のサービスに活する。同社が顧客の車とつながることで、「One to One」で「安心」「安全」「お得」を提供する自動車保険。
 テレマティクスは、「テレコミュニケーション」と「インフォマティクス」を組み合わせた造語で、カーナビやGPS等の車載機と移動体通信システムを利用して、様々な情報やサービスを提供する仕組み。このテレマティクス技術の進展によって、自動車の走行データを活用した様々な商品やサービスの提供が可能となり、車を取り巻く環境が大きく変化しようとしている。日本政府も、自動車のテレマティクス技術を活用した自動車保険を通じて、事故を削減することを掲げており、国内外の自動車メーカーやIT企業による技術開発競争が活発化している。
 今後、テレマティクス技術を活用した商品・サービスに関するマーケットは加速度的に大きくなることが想定されており、同社も、トヨタ自動車の最先端のテレマティクス技術「T-Connect」に対応した新商品として、安心・安全なクルマ社会の実現に貢献するため同保険を発売することにした。
◆「つながる自動車保険」の特長
 車に搭載されたT-Connectナビから、スマートフォンまたはDCM(Data Communication Moduleの略で、音声通話や高速データ通信等を可能にする通信モジュール)を通じて取得した車両運行情報を、走行距離に基づいた保険料の算出や安全運転アドバイス等のサービスに活用。また、T-Connectナビやスマホからは、365日24時間「つながる自動車保険専用事故受付デスク」に接続可能である。
▽つながるから安心
○つながる自動車保険専用事故受付デスクが事故・故障・トラブルをサポートすることによって、「つながる安心感」を提供する。T-Connectナビやスマホからワンタッチでつながる自動車保険専用事故受付デスクへ連絡可能。365日24時間専任のオペレーターが対応する。
○事故・故障・トラブルで、契約の車が自力走行不能となった場合、レッカー・修理業者の手配や移動手段・宿泊施設の案内を行いサポートする。
▽つながるから安全
○前月分の車両運行情報を分析し、安全運転に関するワンポイント情報や、過去成績との比較に基づき「安全運転アドバイス」を毎月専用ナビアプリ、専用スマホアプリを通じて提供する。
▽つながるからお得
○スマホやDCMを通じて、実際の走行距離を1キロ単位で保険料に反映する。
○走行分保険料には上限設定があるため、走行距離が多くなった場合の不安もない。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大