自動車保険業界ニュース

損保協会、自動車盗難事故実態調査結果を発表(2015/03/31)

 日本損害保険協会では、自動車盗難の防止対策に取り組んでおり、損害保険会社が2014年11月に保険金を支払った事案(自動車盗難:372件、車上ねらい・部品盗難:626件)を対象に自動車盗難事故実態調査を実施した。自動車盗難では、ハイエースの被害が昨年に比べ大幅に減少し7年連続だったワースト1位を返上。プリウスがワースト1位となり、アクアがワースト4位に入った。この調査は2000年から実施しており、今回が16回目となる。
◆調査結果の概要
▽自動車盗難(調査総数:372件)
 車種別では、2007年調査から7年連続でワースト1位だったハイエースの被害が148件から40件に大きく減少し、2位となった。なお、ハイエースは12年5月発売モデルから盗難防止装置であるイモビライザが全車標準装備されている。プリウスの被害は前年同数だったものの、ハイエースの被害が減少したためワースト1位となった。アクアの被害は6件から23件に増加しワースト4位に入った。
 車齢別では、平均で7年6か月となり、前年比で3か月短くなった。これは初度登録から5年未満の車両盗難の割合が前年比12.9ポイント増加したためである。
▽車上ねらい・部品盗難(調査総数:626件)
 カーナビの被害割合が前年の26.4%から10.9%に大きく減少。その一方、バッグ類、外装部品(バンパー・ドアミラー等)、タイヤ・ホイールなどの被害品の割合が増加した。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大