自動車保険業界ニュース

三井住友海上、スマホ等で保険金支払担当者へ事故動画・画像の送信を可能に(2015/04/20)

 三井住友海上は、4月20日から同社の保険契約者向けに、スマートフォン向けアプリ「スマ保」と公式ホームページを通じて、事故発生時の動画や損害物の画像を送信できる新サービスを開始した。
 このサービスは、顧客が保険金を請求する際に、「スマ保『運転力』診断」アプリのドライブレコーダー機能で録画した自動車事故の動画や、スマホで撮影した損害物の写真を、Webシステムから支払担当者に送信できるようにしたもの。これによって、支払担当者との間で事故の状況を正確に共有できるようになるほか、支払い手続きにおける書面のやり取りを一部省略することが可能となるため、これまで以上に迅速な保険金の支払いにつながるとしている。
 顧客が事故状況を口頭で説明するのが難しい場合でも、事故の動画や画像を送信することで支払担当者が状況を正確に把握できるようになり、スムーズな事故の解決に役立つ。また、携行品や家財等の損害物の画像、修理見積書のPDFデータ等を同社へダイレクトに送ることができるため、事務手続きが大幅に軽減される。さらに、書面でのやり取りの省略が可能になる。
▽新サービスの概要
○対象者:同社の「お客さまWebサービス」に登録した個人顧客(同社に自動車保険・火災保険・傷害保険等の保険金を請求している契約者に限る)
○利用可能時間:終日利用可能(毎週月曜日の2時〜4時を除く)
○主な機能:スマートフォン等で撮影した写真や動画を、保険金支払担当者にタイムリーに送信できる機能。
○利用方法
(1)パソコンの場合:公式ホームページの「お客さまWebサービス」にログインし、「事故の連絡をする」メニューから「事故の画像を送る」を選択する。
(2)スマートフォンの場合:「スマ保」アプリをダウンロードし、「事故サポート」メニューから「事故の画像を送る」を選択する。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大