自動車保険業界ニュース

東京海上日動、子会社通じサービス付き高齢者向け住宅運営事業に参入(2015/06/08)

 東京海上日動は6月8日、在宅介護サービス子会社の東京海上日動ベターライフサービス(BLS)を通じ、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)の運営事業に参入すると発表した。サ高住は、介護・医療と連携し、高齢者の安心を支えるサービス(ケアの専門家による安否確認や生活相談サービスなど)を提供するバリアフリー構造の住宅。
 サ高住事業参入の第1号物件は、神奈川県川崎市高津区の「ディーフェスタ(D-Festa)溝の口」(2016年2月開設予定)で、大和ハウス工業が設計・施工を行い、事業主体である大和リビングマネジメントから運営を受託する形式となる。鉄骨構造地上3階建て、住宅戸数54戸で、居宅介護支援事業所と訪問介護事業所を併設。
 BLSは、1999年から訪問介護事業および居宅介護支援事業を「みずたま介護ステーション」の名称で展開してきた。東京・神奈川・千葉・埼玉で計34拠点を運営し(今年5月末現在)、介護を要する状態にあっても自宅で暮らし続けていけるよう、高品質な自立支援型の介護サービスを提供。近年、「安心感のある住まい」としてサ高住への入居を選択する高齢者が増えており、介護面における安心を期待する声が大きくなっている。
 東京海上日動は、BLSの介護事業で培った各種ノウハウを活かすことができると考え、今回、サ高住の運営事業に参入することにした。保険業界として初の子会社によるサ高住運営事業への参入となる。周辺地域の住民にも介護サービスを提供するほか、各種の地域交流を積極的に進め、地域包括ケアシステムの一翼を担う拠点となることを目指す。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大