自動車保険業界ニュース

14年度の地震保険付帯率59.3%、損保料率機構まとめ(2015/08/25)

 損害保険料率算出機構は8月25日、2014年度中に新規に契約があった火災保険のうち、地震保険を付帯した割合(付帯率)を都道府県別にまとめ公表した。その結果、全国平均で59.3%となり、前年度の58.1%より1.2ポイント伸びた。03年度以降12年連続の増加となった。
 都道府県別で付帯率が最も高かったのは宮城県の85.3%で、高知県(83.3%)、宮崎県(74.6%)が続いた。このほか、70%を超えたのは、岐阜県、徳島県、鹿児島県、愛知県。最も低かったのは長崎県で38.5%だった。
 なお、15年1月1日時点の住民基本台帳に基づく世帯数を分母に、14年12月末時点で有効な地震保険契約の件数を分子として算出した、14年世帯加入率の全国平均は28.8%


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大