自動車保険業界ニュース

東京海上グループ、認知症サポーターの社員数が3000人超える(2015/10/05)

 東京海上ホールディングスは、2011年度から社員の「認知症サポーター養成講座」受講を推進してきたが、このほど講座を受講し「認知症サポーター」となった社員数がグループ全体で3000人を超えた。認知症サポーターは、認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守り、支援する人のことで、サポーター数は6月末現在で全国約634万人となっている。
 東京海上グループでは、11年から厚生労働省が推進する認知症サポーターキャラバン事業の趣旨に賛同し、社員自らが認知症に対する正しい知識を習得し、それを事業活動のあらゆる側面に活用することを目指して、社員の講座受講を推進。東京海上日動をはじめとする国内グループ会社11社が、自社で講師役となるキャラバン・メイトを養成し、グループ社員向けに講座を100回開催した結果、グループ全体で認知症サポーター3000人超を達成した(9月末現在)。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大