自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、大型インフラ事業を対象とする共同投資ファンドへ出資(2015/10/05)

 損保ジャパン日本興亜は10月5日、三菱商事が同社子会社を通じて運営する、北米・欧州諸国等における大型インフラ事業を投資対象とするファンド「JIIP」に出資することを決定したと発表した。2012年4月、三菱商事、みずほ銀行、他投資家により投資総額12.5億米ドル(約1500億円)規模で組成されたJIIPに対し、国内保険会社として最大級のインフラ事業への投資となる1億米ドル(約120億円)の出資を行う。
 損保ジャパン日本興亜は、インフラ事業への投資を成長分野と位置づけ、低金利下における運用手段の多様化の一環として取り組んでいる。インフラ事業への投資は、社会貢献や収益性の観点から保険会社にふさわしい分野であり、成長分野投資の中核として拡大を目指している。
 JIIPは、カナダ・オンタリオ州の公的年金基金(OMERS)主導のもと世界最大級となる投資総額125億米ドル(約1兆5000億円)規模のグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) に参画。GSIAは、インフラ投資家の連合体で、主に北米・欧州諸国等において空港、鉄道、港湾、電力送・配電、ガスパイプラインなど、事業価値にして20億米ドルを超える大型インフラ事業へ投資を行う。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大