自動車保険業界ニュース

チューリッヒ、りそな銀行と提携しダイレクトメールによる傷害保険の案内を開始(2015/12/04)

 チューリッヒ保険は、りそな銀行と提携し、12月4日から同行の顧客へ向けてダイレクトメール(通信販売)で傷害保険の案内を開始した。同社が都市銀行と提携するのは今回が初めての取り組みとなる。
 チューリッヒは、銀行やクレジットカード会社など多くの会員顧客を持つ企業と提携し、ダイレクトメールを中心とした通信販売の手法で傷害保険を案内するフリー・インシュアランス・プログラムというビジネスモデルを50社以上と展開している。近年は、とくに保険商品の販売チャネルの拡充に対応する商材として地方銀行での採用が進み、直近では福岡銀行、広島銀行、武蔵野銀行、十八銀行、横浜銀行と提携し、各銀行の顧客に傷害保険を案内してきた。
 今回の取り組みでは、都市銀行として初めて、りそな銀行と提携し、同行が発行する「りそなVisaデビットカード」の保有者へ順次ダイレクトメールで傷害保険を案内。対象の顧客は、交通事故など特定の事故による入院一時金補償や死亡補償プランに、一定期間無料(りそな銀行が保険料を負担)で加入することができる。さらに、低廉な保険料の負担で死亡、入院・手術などを手厚く補償する追加補償プランも用意しており、顧客はダイレクトメールに同封されている申込書を返送するだけで無料プランのみ、あるいは追加補償プランとあわせて加入することが可能。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大