自動車保険業界ニュース

三井住友海上、タブレット端末対応ツール「かんたんリスクチェック」を開発(2015/12/03)

 三井住友海上は、12月21日から、タブレット端末を活用したリスク診断ツール「かんたんリスクチェック」の運用を開始する。同社の代理店が個人や法人の顧客に対して、顧客の取り巻く様々なリスクをタブレット端末上でわかりやすく表示し、案内するツール。
 このツールを利用することにより、顧客を取り巻くリスクの存在と、そのリスクに対応する保険の加入状況を一覧で簡単に確認できるようになるため、保険加入の過不足をこれまで以上にわかりやすく理解できる。利用は無料で、法人の顧客は、同社ホームページから自身でリスク診断を行うことも可能である。
 具体的には、顧客を取り巻く様々なリスクの事故事例をわかりやすく紹介し、リスクの全体像が確認できるとともに、現在の保険の加入状況を一覧表にして案内。法人の顧客には、製造業・建設業・運送業の業種別に、各リスクの危険度を確認することで、リスクへの備えに優先順位をつけて案内する。
 「きちんと納得して保険に加入したい」という顧客のニーズに対応するため、顧客と代理店を結ぶコミュニケーションツールが求められているが、同社の代理店が顧客にリスクや保険商品をよりわかりやすく案内できるよう、今回、「持ち運びやすい」「画面が見やすい」といったビジネス利用にも利便性が高い、タブレット端末対応のツールを開発した。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大