自動車保険業界ニュース

チューリッヒ、テレマティクス技術を活用した新ビジネスモデル導入(2015/12/16)

 チューリッヒ保険は、2016年1月1日以降が保険始期日となる「スーパー自動車保険」の契約に関して、初めて自動車保険を契約する顧客を対象に、運転走行情報記録システム「Z-Assist(ゼットアシスト)」を提供する。
 Z-Assistは、テレマティクス技術を活用し、専用に開発されたシステムで、ドライブカメラに3G、GPS、加速度センサー、Wi-Fiなど各種センサーを内蔵した「Z-Assist緊急通知機能付ドライブレコーダー」を車に搭載し、速度などの走行情報と急ブレーキなどの運転特性を記録するもの。専用のスマートフォンアプリと連携させ、動画の閲覧、データの更新ができる。
 対象の顧客には、同社からZ-Assist本体を貸与し、車に搭載。同社は今後、Z-Assistを通じて顧客から走行情報などのデータを提供してもらうことで、顧客により適した次世代型新商品開発や、新たな保険料算出の技術革新を図っていく。
 あわせて、同社は、最先端のテクノロジーを活用した同システムによって、事故の際の不安を軽減し、安全運転を支援するサービスを提供する。
◆安全運転支援サービスの内容
▽強い衝撃を検知すると事故受付センターへ自動通知
 Z-Assist本体は、事故などで強い衝撃(事故発生の可能性)を検知すると、同社事故受付センターに自動通知し、その衝撃値と位置情報を伝える機能を有している。これにより、顧客から事故の連絡を受け事故対応が始まるのではなく、事故直後に同社側から顧客に連絡し、より迅速にロードサービスなどの事故対応を進めることが可能。最も不安に感じる事故発生時をサポートする。
 また、緊急通知と同時に、事故時のビデオ映像と衝撃の強さ・軌跡などのデータを記録するため、そのデータを活用することで、顧客の事故状況説明の負担の軽減を図るとともに、よりスムーズに適切な損害調査を行うことができる。個人向け自動車保険で事故対応まで志向した車載器を貸与するのは、保険業界初となる(同社調べ)。
▽故障・トラブル時にもボタンひとつで通知可能
 Z-Assist本体は緊急通知ボタンを装備しており、故障・トラブルなどの万が一の際は、ボタンを押すだけで、同社に通知が届き、同社から顧客へ連絡することができる。
▽急ブレーキ、急加速、急ハンドルを音声で通知
 急ブレーキなど事故につながりやすい急制動運転を感知すると、Z-Assist本体が音声で注意喚起をする。これにより、顧客が自身で運転状況をリアルタイムで把握し、急ブレーキ、急加速、急ハンドルのない、より安全な運転を心がけることを支援する。
 さらに、走行終了後にデータをスマートフォンアプリへ連携すれば、急制動運転を検知した箇所の前後30秒のビデオを再生し、自身の運転特性や、急制動発生ポイントを振り返ることができる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大