自動車保険業界ニュース

au損保、あさひオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」を開発(2016/01/04)

 au損保は、株式会社あさひのオリジナル自転車保険「サイクルパートナー」を開発し、2月下旬から「サイクルベースあさひ」全店で案内を開始する。
 昨今の高額賠償判例や、兵庫県の自転車利用者への賠償責任保険の加入義務化(2015年10月)など、社会的に自転車保険の普及が大きな課題となるなか、同社は、自転車に関連する様々なリスクをサポートする自転車向け保険「Bycle」「Bycle Best」の販売や各種自転車関連の安全イベントなどへの協賛を通じ、保険の普及に努めている。
 一方、自転車販売店を通じた保険の普及拡大についても、これまでも様々な形で取り組んできたが、さらなる自転車保険の普及拡大のため、日本全国で414店舗(2016年1月現在)の「サイクルベースあさひ」店舗を展開する日本最大の自転車販売チェーンである、あさひの要望に基づき、シンプルでわかりやすい自転車保険を開発した。
 具体的には、ケガの補償を自転車搭乗中等に限定することで加入しやすい保険料を実現。本人タイプ(死亡・後遺障害:400万円、入院保険金日額:2000円、個人賠償責任:1億円)の保険料が月々150円(一時払:1680円)となっている。万一、加害者になってしまった場合、顧客に代わって相手側と交渉する示談代行サービス(賠償事故解決特約)を付帯。ネット完結で、申込後すぐに補償を開始する。なお、家族タイプの保険料は月々270円(一時払:2920円)。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大