自動車保険業界ニュース

東京海上日動、アマゾンウェブサービスユーザー向け専用商品を販売(2015/12/29)

 東京海上日動は、2016年1月1日からアマゾンウェブサービス(AWS)のユーザー向けにサイバーリスク保険をカスタマイズした専用商品の販売を開始する。
 この商品は、クラウドサービスのユーザーがコントロールできない特定のサービス・インシデントが万が一発生した際に、クラウドユーザーの特定の損害を補償する。従来のIT事業者向け保険では、契約企業のIT業務全体を補償の対象としていたが、新商品はクラウドサービスの障害に限定した補償とすることで、事業内容によっては低廉な保険料を実現することが可能である。
 まず、1月から日本でクラウドサービスを広く展開しているAWSのユーザー向けに新商品の提供を始める。AWSは、世界190か国、100万を超えるユーザーが利用しており、日本でも普及が進んでいるクラウドサービス。
 具体的には、AWSユーザーがコントロールできない特定のサービス・インシデントが万が一発生した際に発生した特定の損害に対して、第三者への損害賠償金や弁護士費用を補償するほか、損害発生時に東京海上日動がネットワークを有する実績のある専門事業者20社(15年12月28日現在)から、そのニーズに見合うサービスの提供が可能な業者を選定し、紹介する。
 総務省の「平成26年通信利用動向調査」によると、クラウドサービスを利用している企業の割合は38.7%と前年の33.1%から5.7ポイント上昇し、クラウドサービスの普及は着実に進んでいる。一方で、同調査ではクラウドサービスを利用しない理由として、「情報漏えいなどセキュリティに不安がある」(36.8%)、「ネットワークの安定性に対する不安がある」(15.5%)等が挙げられており、企業側がクラウドサービスの利用に対して漠然とした不安を抱えている。こうした背景に加えて、実際にクラウドサービスのユーザーやシステムインテグレーター等から専用の保険商品開発の要望があることも踏まえ、東京海上日動では、クラウドサービスに組み込まれているセキュリティ措置を補足する新商品を開発することにした。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大