自動車保険業界ニュース

SOMPOホールディングス、国内全グループ会社を適用範囲としたISO14001認証取得(2016/01/20)

 損保ジャパン日本興亜ホールディグスは、グループのCSRを推進する共通基盤として、昨年4月から国内全グループ会社にCSR・環境マネジメントシステムを導入したが、このほど認証機関による審査を経て、国内全グループ会社27社538拠点(昨年4月1日時点の傘下グループ子会社)、約4万人を適用範囲としたISO14001認証を取得した。登録範囲は、同グループにおける損害保険、生命保険、金融関連事業等のすべての業務。
 SOMPOホールディングスでは、1997年に国内金融機関として初めてISO14001認証を取得以来、認証の維持・取得を通じた継続的な改善の取り組みを展開。同社が導入しているCSR・環境マネジメントシステムは、環境だけではなく、社会的責任の国際規格ISO26000に掲げられている人権、消費者課題といった観点も取り入れたマネジメントシステムとしている点が大きな特長となっている。
 グループで約2500人の社員を、CSRの推進を担う「CSR・エコチェッカー」に任命し、地域特性や事業特性に応じた取り組みを推進。これまでもCSR・環境マネジメントシステムを通じたグループのCO2排出量の削減をはじめ、干ばつによる損害の軽減を目的とした天候インデックス保険の販売など、気候変動の解決に資する商品・サービスを提供してきた。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大