自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、埼玉県と防災啓発や交通安全などで包括的連携協定を締結(2016/02/16)

 損保ジャパン日本興亜は、地方創生など県民サービスの向上、地域の活性化に関する取り組みにおいて、相互の協力が可能な分野を推進するため、埼玉県と包括的連携協定を2月16日に締結した。
 防災啓発や交通安全など幅広い分野での緊密な相互連携と協働により、県民サービスの向上、地域の活性化に取り組むことを目的とし、損保ジャパン日本興亜の強みや特徴が活かせる業務について業務連携を行う。具体的には、(1)防災啓発イベントにおける連携、(2)自転車や高齢者の交通安全施策に係る事業連携、(3)埼玉県の文化・芸術施設等と東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館との連携の3つの事業を中心に、17分野で連携していく。
 なお、埼玉県が損保会社と包括連携協定を締結するのは、今回が初めてとなる。また、損保ジャパン日本興亜が都道府県と幅広い分野での包括的な連携協定を締結するのも、今回が初めてである。
◆協定の主な内容
(1)防災啓発イベントにおける連携
 埼玉県が実施する防災イベントにおいて、損保ジャパン日本興亜が提供する防災コンテンツ「防災ジャパンダプロジェクト(防災人形劇および体験型防災ワークショップ)」を活用し、啓発事業を実施する。
(2)自転車や高齢者の交通安全施策に係る事業連携
○交通安全イベントなどにおける相互協力
 埼玉県が実施する交通安全啓発活動やイベントなどにおいて、損保ジャパン日本興亜が事故防止に係る啓発教材を提供する。また、損保ジャパン日本興亜が持つ交通事故関連データを埼玉県の交通安全施策に活用する。
○交通安全対策のための寄附の実施
 損保ジャパン日本興亜が埼玉県交通安全対策協議会へ寄附を継続的に実施し、埼玉県が行う交通安全対策事業に活用する。
(3)埼玉県の文化・芸術施設等と東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館との連携
○展覧会観覧料の相互割引制度の導入
 県立近代美術館と東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館の利用を促進するため、展覧会観覧料の相互割引制度を導入する。
○文化・スポーツJOINT事業への参加(埼玉県外施設初)
 スポーツジムや文化・芸術施設などを利用することで共通ポイントを貯められる文化・スポーツJOINT事業に、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が参加し、埼玉県内施設と同様にポイントの付与や利用が可能になる(4月1日開始予定)。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大