自動車保険業界ニュース

三井住友海上など、気象情報アラートサービスに降雪量アラートを追加(2016/02/26)

 三井住友海上とウェザーニューズは、2月から企業の顧客に提供している気象情報アラートサービスに、新機能として「降雪量アラート」を追加した。また、4月1日始期契約からは、同サービスの対象となる商品を拡大する。
 気象情報アラートサービスは、昨年6月に提供を開始した業界初のサービスで、顧客に気象リスクの監視地点と「注意」「警戒」の基準値を設定してもらい、基準値を超えた場合にアラート(注意喚起)メールを配信するもの。対象リスクとして、従来の雨(降水量)・風(風速)・雷(落雷)に加え、雪(降雪量)を追加し、一層のサービス拡充を図る。さらに、対象商品を中小企業向け火災保険の主力商品「ビジネスキーパー」にも拡大する。
 近年、平野部でも降雪による被害が発生しており、こうした気象リスクは企業の経営に大きな影響を与えていることから、両社は気象情報の提供を通じて自然災害による被害の防止・軽減に寄与し、企業の事業活動を支援していく。例えば、降雪で事業・営業が阻害されやすい業種(建設工事、倉庫管理、交通インフラ、流通運送等)における事前対策(作業の延期判断、除雪作業の実施判断、代替ルート調整等)の検討に活用できる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大