自動車保険業界ニュース

MS&ADグループ、ICTを戦略的に活用した商品・サービス開発等推進体制を強化(2016/03/07)

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスは3月7日、傘下の三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保と連携し、4月1日付でICTを活用した商品・サービスの開発機能の強化等を目的とする専門部署を新設すると発表した。
 これらの専門部署では、ビッグデータやIoT(Internet of Things)等の先進技術を商品・サービスに利活用するための取り組みを進めるとともに、販売・損害調査等の各種業務におけるAI(人工知能)の活用や、FinTech企業をはじめとした異業種との連携等による新たなビジネスモデルの創出を検討・実現していく。
 急速に進展する社会全体のICT化や、金融とITを融合したFinTechの登場など、ビジネスにおけるICT活用の機運はますます高まっている。例えば、自動車業界では、技術の進展と国際的な開発競争を受けて、自動運転車の実現やインターネットに常時接続される先進自動車の本格的普及等に向けた官民の動きが活発化。こうした環境を踏まえ、MS&ADグループでは、ICT活用をグループ全体で、しかも長期的な観点で推進していくため、持株会社および中核事業会社2社に30人体制(兼務者を含む延人数)で組成する専門部署を設置し、ICT戦略の企画立案機能や既成概念にとらわれない革新的な商品・サービスの開発機能を強化することにした。
 専門部署では、テレマティクス技術を活用した商品・サービス開発、自動運転に対応した保険研究など、先進技術を顧客サービス向上に活用するための検討を進める。なお、同グループでは、昨年8月から12月にかけて、傘下各社の若手社員がグループの10年後の将来像を検討し、経営陣にプレゼンを行う「私たちのみらいを考える会議」を開催。今回の新たな部署の設置は、同会議における提言の内容を踏まえたもの。
 具体的には、中核事業会社2社では損害保険分野を中心に、ICT戦略の企画立案・遂行や既成概念にとらわれない革新的な商品・サービスの開発を行う部署を設置(三井住友海上:経営企画部・ICT戦略チーム、商品本部・次世代開発推進チーム、あいおいニッセイ同和損保:経営企画部・プロジェクト推進グループ)。持株会社では中核事業会社2社や他の事業会社と連携しつつ、グループベースでのICT戦略やグループ内外の知見を発掘・活用するための施策を企画立案・遂行する(MS&ADホールディングス:IT企画部・ICTイノベーション室)。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大