自動車保険業界ニュース

三井住友海上、台風リスクを対象とするキャットボンドを発行(2016/03/16)

 三井住友海上は、国内の台風リスクを対象とするキャットボンド(大災害債券)「Akibare Re 2016-1」を発行した。国内の台風を対象とするキャットボンドとしては損保業界で初めて、単一の台風による損害に加えて、同一年度における複数の台風による累計損害額が巨額となった場合も対象とする仕組みとしており、同社の保険引受リスクを効果的に削減できる。
 英領バミューダに設立した特別目的会社「Akibare Re Ltd.」を通じて、機関投資家にキャットボンドを発行。日本国内で発生した台風による三井住友海上の損害を年度単位で累計し、累計損害額があらかじめ定めた金額を超過した場合に、その超過額に応じて投資家へ償還予定の元本の一部または全部を減額して同社への支払いに充当する仕組みとなっている。
 今回のキャットボンドは、資本市場を通じて台風による損害を回収するもので、再保険市場で調達しているカバーの一部を補完するとともに、4年間の長期安定的なカバーを実現。また、同キャットボンドは単一または複数の台風による損害額が巨額となる年度に資金を受け取ることができるため、経営健全性の向上と収益の安定に寄与する。
▽「Akibare Re 2016-1」の概要
○発行体:Akibare Re Ltd.
○発行時期:2016年3月
○満期:2020年4月(期間4年)
○対象リスク:日本国内台風リスク
○発行金額:200百万米ドル(約227億円)
○利回り:担保債券の利回り+250bps


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大