自動車保険業界ニュース

損保料率機構、海外旅行傷害保険の参考純率を平均20.1%引き上げ(2016/03/25)

 損害保険料率算出機構は3月25日、海外旅行傷害保険の参考純率を平均で20.1%引き上げる改定を実施したと発表した(3月9日金融庁長官への届出、3月25日適合性審査結果通知受領)。海外における医療費水準の上昇や為替水準(円安)を背景に、海外旅行傷害保険による支払いのうち、海外旅行中のケガや病気の治療費用を補償する保険金の支払いが増加していることから、今回の参考純率の引き上げになったとしている。
 保険金額が傷害死亡2500万円、傷害後遺障害250万0円、疾病死亡1000万円、傷害治療費用1億円、疾病治療費用1億円、救援者費用等1億円で、保険期間が6日の場合の改定率(引き上げ率)は6.3%、14日は22.0%、1年は23.3%となる。改定率は契約条件によって異なる。また、参考純率の改定率であり、実際の契約にあたっての保険料の改定率とは異なる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大