自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜HD、グループのCSR重点課題を見直す(2016/04/27)

 損保ジャパン日本興亜ホールディングスは、国際社会の動向などを踏まえ、グループのCSR重点課題の見直しを実施した。新たなグループCSR重点課題(2016年4月)では、安心・安全・健康に資する商品・サービスを提供し、レジリエントで持続可能な社会の実現に貢献するという「グループCSRビジョン」を達成するために、(1)防災・減災への取り組み、(2)健康・福祉への貢献、(3)地球環境問題への対応、(4)よりよいコミュニティ・社会づくり、(5)ダイバーシティの推進・啓発の5つの重点課題を定めた。
 その重点課題を解決するにあたって、「金融機能やデジタル技術などを活かした革新的な商品・サービスの提供」「人材育成を意識したNPO・NGOなどをはじめとするさまざまなステークホルダーとの連携」「継続的に支援し、培ってきた文化・芸術を通じた取り組み」の3つの重点アプローチを常に意識して取り組むとしている。
 これまで同社では、継続的に実施してきたCSRの取り組みを活かしながら、グループCSRを定め、ビジョンを実現するためのグループ重点課題を特定し、さらにはグループCSR-KPI(重要業績評価指標)に基づき取り組みを推進してきた。今回、国際社会の動向、具体的には、2015年9月に2030年に向けた「持続可能な開発のための目標(SDGs)」が国連総会で採択されたことや、12月にCOP21における気候変動に関する新たな国際枠組み(パリ協定)が採択されたこと、また、グループの事業領域の拡大などの環境変化を踏まえ、持続可能な社会の実現へのより一層の貢献とグループの成長を目指し、2012年に策定した重点課題の見直しを行った。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大