自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、米国シリコンバレーベンチャー・キャピタルへ投資(2016/05/17)

 損保ジャパン日本興亜は5月17日、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャー・キャピタルであるジオデシック・キャピタルが設立したファンド「Geodesic Capital Fund I」への投資を決定したと発表した。
 損保ジャパン日本興亜ホールディングスと損保ジャパン日本興亜は今年4月、両社にデジタル戦略部を新設し、デジタル戦略研究・開発拠点として東京と米国シリコンバレーに「SOMPO Digital Lab」を設置した。そのうち、米国シリコンバレーの「SOMPO Digital Lab Silicon Valley」は、同社グループで活用可能なシリコンバレーのデジタルテクノロジーに関する最新情報を収集し、現地有力企業へのアクセスを担っている。ジオデシック・キャピタルは、ジョン・ルース前駐日米国大使、米国の著名なベンチャー・キャピタルであるアンドリーセン・ホロウィッツでグロース・ステージ投資パートナーを務めたアシュヴィン・バチレディ氏、総合商社大手の三菱商事が設立した。
 ルース氏は駐日大使として赴任する以前、IT業界やライフサイエンス業界、新興企業への顧問業務で知られるウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ&ロサーティ法律事務所の最高経営責任者だった。バチレディ氏はアンドリーセン・ホロウィッツでFacebook、Twitter、Box、Airbnb、Githubへの投資に深く関わった実績を持っている。「Geodesic Capital Fund I」はグロース・ステージにある消費者および事業者向けテクノロジー企業に投資するファンド。
 損保ジャパン日本興亜ホールディングスと損保ジャパン日本興亜は、「Geodesic Capital Fund I」への投資により、「SOMPO Digital Lab Silicon Valley」の現地情報収集力を飛躍的に高め、シリコンバレーにおけるネットワークづくりを加速することができるとしている。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大