自動車保険業界ニュース

三井住友信託銀行とカーディフ損保、ラップ口座の保険付帯サービスを拡充(2016/05/19)

 三井住友信託銀行とカーディフ損保は、ラップ口座(三井住友信託ファンドラップ・三井住友信託SMA)に保障を無料で付帯するサービス「人生安心パッケージ」に、5月19日から、新たにケガへのリスクに備える傷害保障を追加し、保障サービスを拡充する。
 人生安心パッケージは、ラップ口座を契約の満40歳から満60歳の顧客を対象に契約金額に応じてガンまたは介護保障を無料で付帯し、「お金と健康」の両方に備えることで顧客の人生により大きな安心を提供する業界初のサービスとして、2013年4月に取り扱いを開始。以来、サービス利用者数は約3万3000人(3月末現在)となっている。
 今回、ケガをした時の医療費などの負担に備える傷害保障を追加。また、傷害保障については対象年齢を広げ、幅広い年齢の顧客が利用できるようにした。
◆保障サービスを拡充した「人生安心パッケージ」のポイント
▽満40歳〜満65歳の顧客は3つの保障(ガン、介護、傷害)から自由に選択
 ラップ口座の契約金額500万円を1口として、1口ごとにガン、介護、傷害保障のいずれかを選べる。2口以上の契約なら、異なる保障の組み合わせも可能。
▽満66歳〜満80歳の顧客は傷害保障に加入できる(ガン、介護保障は対象外)
 新たに付帯する傷害保障では、ケガを原因として入院・手術をした場合や後遺障害を負った場合、または万が一亡くなった場合に保険金を用意。
▽顧客の保険料や追加の手数料負担はない
 保険料は三井住友信託銀行が負担する。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大