自動車保険業界ニュース

SOMPOホールディングス、マレーシア大手銀行グループと損害保険の窓口販売で提携合意(2016/06/03)

 損保ジャパン日本興亜ホールディングスの子会社である「SOMPO HOLDINGS (ASIA) PTE. LTD.」は6月3日、マレーシアの大手銀行グループの1つであるCIMBグループとASEAN地域で損害保険の銀行窓口販売を行う提携の契約締結に合意した。
 この契約および対象各国での付随契約の発効により、SOMPOホールディングスはASEAN4か国(マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ)でCIMBが持つ支店網を通じて損保商品を販売することが可能となる。両社では長期にわたる協業によってビジネスを成長させていくことを目指す。
 ASEAN地域の損保市場は、今後10年間にわたり、年平均7%で元受収入保険料が増加し、市場規模にして5兆円を突破することが見込まれている。SOMPOホールディングスは、新興国においてはリテール分野を中心とした事業拡大を図っており、現在ASEAN地域において、現地法人を6か国、駐在員事務所を2か国で展開。直近2年間でASEAN地域における元受収入保険料の増収率は約38%で、ASEAN地域の損保業界全体の増収率と比較して2倍以上の伸びを達成している。
 今後の経済成長見通しを踏まえ、SOMPOホールディングスは銀行窓口販売をASEAN地域内における主要販売チャネルの1つとして位置づけている。今回の契約を通じて、CIMBグループの1200万人以上の顧客にアクセスすることができ、また、約1000におよぶ支店網に加え、インターネットやモバイルバンキング等の活用が可能となる。
 CIMBはマレーシアで2番目に大きな金融グループで、ASEAN地域の国際的な大手銀行グループの1つ。リテールバンキング(小売銀行業務)、投資銀行業務、イスラム銀行業務、資産運用管理、保険商品取扱業務を行っている。本社は、クアラルンプールにあり、現在ASEAN10か国中9か国(マレーシア、インドネシア、シンガポール、タイ、カンボジア、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス)に拠点を持ち、ASEAN地域以外では中国、香港、バーレーン、インド、スリランカ、台湾、韓国、米国、英国で業務を展開。CIMBグループはASEAN地域で最も広範囲かつ数多くの支店網を持っている(3月末現在、約1000店)。投資銀行業務の規模もアジア太平洋地域で最大級。グループの従業員は17か国に4万人以上が在籍している。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大