自動車保険業界ニュース

ソニー損保、アメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険契約者へ自動車保険の案内(2016/06/28)

 ソニー損保は6月28日、アメリカンホームと、同社の自動車保険に契約している12月1日以降に満期を迎える顧客に、ソニー損保の自動車保険を案内する取り組みを、関係当局の認可を前提に開始することになった発表した。
 これは、アメリカンホームが12月以降の自動車保険の契約更改の取り扱いを終了することに伴う取り組みで、現在アメリカンホームで契約している顧客に対し、ソニー損保の自動車保険に関する案内をするもの。なお、契約者の判断により、他の保険会社を選択することもできる。
 今回の取り組みによって、対象となる契約者の現契約が満期日を迎える前に、契約者に自動車保険に関する案内が届くようになるため、無保険状態や無事故等級割引継承漏れの防止にもつながる。
 アメリカンホームとしては、同じダイレクトビジネスモデルで保険事業を展開し、第三者による各種の顧客満足度調査において高い評価を受けているソニー損保を案内することで、引き続き高品質なサービスの提供が可能だとしている。
 今年11月末までに満期を迎える自動車保険の契約については、アメリカンホームで更改した場合、契約期間満了までの間、各種付帯サービスを含め、契約内容に影響はない。また、これまでの契約も含めて、アメリカンホームとの契約期間中に発生した事故については、保険期間終了後も責任を持って対応するとしている。
 今回の決定は、AIGグループ内での事業構成の簡素化を進める一環で、アメリカンホームが全ての保険商品の新規契約に関する販売活動を今年4月以降終了する決定に関連するもの。自動車保険(既存契約数:約24万件)については、当初はアメリカンホームで契約更改に対応する方針だったが、自動車に関連するテクノロジーの進展など、自動車保険の将来的な変化を勘案して、自社での契約更改の取り扱いを終了することにした。なお、医療保険(がん保険を含む)、傷害保険、個人賠償責任保険については、引き続きアメリカンホームで契約更改に対応する。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大