自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜など、自動解析プログラムを使用した映像解析による走行診断サービスの提供開始(2016/08/12)

 損保ジャパン日本興亜とSOMPOリスケアマネジメントは、8月10日から、貨物自動車運送事業者や旅客自動車運送事業者、営業車を保有する企業を対象に「自動解析プログラムを使用した映像解析による走行診断サービス」の提供を開始した。このサービスには、(1)映像解析サービス、(2)映像を活用したドライバー向け講習会、(3)効果検証コンサルティングの3つのメニューがある。
 近年、運輸事業者や各企業の営業車などへのドライブレコーダの導入が進んでいる。一般的なドライブレコーダには、危険挙動発生時などGセンサ(加速度を検知するセンサ)の閾値を超えた映像のみを抽出する「イベント録画機能」と運転時の映像を常時記録する「常時録画機能」がある。
 多くの企業で、イベント録画機能から抽出した映像をドライバーの教育に活用しているが、現状では、イベント録画機能では把握することができない、「交差点で赤・黄信号を通過してしまう」「一時停止標識・標示にしたがって適切に安全確認をしていない」といった運転については、教育に活用されていないケースが想定される。また、常時録画機能で記録されるこうした運転に関する映像の抽出には、極めて労力がかかっており課題となっている。
 交差点での「赤・黄信号通過」「一時停止不停止」などの運転は、交差点での出会い頭衝突につながる恐れがある。出会い頭衝突は全交通事故形態の約24%(警察庁交通局「平成27年における交通事故の発生状況」)を占めており、車両相互の速度が高い場合は、大事故につながるケースも想定される。こうした状況を受け、両社は「交差点走行」に焦点を絞り、常時録画機能で記録される映像を自動解析して「赤・黄信号通過」「一時停止不停止」を抽出し、指導レポートを提供するサービスを開発し提供することにした。
▽主な内容
(1)映像解析サービス
 記録媒体から、危険な走行シーンの映像を自動で抽出し、正しい運転行動および指導ポイントを記載した指導用教材とともに、「解析レポート」を作成する。
【費用(税抜)】記録媒体1枚あたり1万円(1社あたりの申し込みは記録媒体5枚程度を想定)
(2)映像を活用したドライバー向け講習会(オプション)
 専門の講師による、抽出された映像を活用した安全運転講習会を実施する。実際の映像を活用した、臨場感のある、かつ討議による双方向型の講習会となる。
【費用(税抜)】1万5000円/回
(3)効果検証コンサルティング(オプション)
 (1)または(2)を実施した数か月後をメドに「事故発生率」などの推移を確認し、効果検証を含めた事故防止コンサルティングを行う。
【費用(税抜)】別途見積もり
※(1)は損保ジャパン日本興亜、(2)(3)はSOMPOリスケアが提供する。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大