自動車保険業界ニュース

主要損保が第1四半期決算を発表、MS&ADHDが正味収入保険料でトップ(2016/08/12)

 主要損保会社(グループ)の平成29年3月期第1四半期(28年4-6月)連結決算(富士火災、共栄火災は非連結)が8月12日に出そろった。大手3グループでは、東京海上ホールディングスのみが増益。また、正味収入保険料ではMS&ADインシュアランスグループホールディングスがトップとなった。
◆主要損保の第1四半期連結決算の概要(カッコ内は前年同期比増減率、△はマイナス)
▽MS&ADインシュアランスグループホールディングス※
 正味収入保険料:9442億円(23.3%)、純利益:380億円(△60.9%)
○三井住友海上(単体)※
 正味収入保険料:3626億円(△2.0%)、純利益:322億円(△26.9%)
○あいおいニッセイ同和損保(単体)
 正味収入保険料:3004億円(1.1%)、純利益:160億円(△18.6%)
▽東京海上ホールディングス
 正味収入保険料:8944億円(6.3%)、純利益:972億円(8.7%)
○東京海上日動(単体)
 正味収入保険料:5314億円(△0.0%)、純利益:920億円(33.3%)
○日新火災(単体)
 正味収入保険料:360億円(0.5%)、純利益:11億円(△64.1%)
▽損保ジャパン日本興亜ホールディングス
 正味収入保険料:6547億円(0.3%)、純利益:199億円(△24.6%)
○損保ジャパン日本興亜(単体)
 正味収入保険料:5498億円(△2.3%)、純利益:200億円(3.9%)
▽富士火災(非連結)
 正味収入保険料:608億円(△15.6%)、純利益:32億円(12109.6%)
▽共栄火災(非連結、業績の概況)
 正味収入保険料:414億円(△2.7%)
※正味収入保険料は三井住友海上の独自商品である自動車保険「もどリッチ(満期精算型払戻金特約付契約)」の払戻充当保険料を控除したベースで記載。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大