自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、JICA発行のソーシャル・ボンドへ投資(2016/09/05)

 損保ジャパン日本興亜は、このほど独立行政法人国際協力機構(JICA)が日本市場において初めて発行を予定する社会貢献債(ソーシャル・ボンド)へ17億円の投資を決定した。
 ソーシャル・ボンドは、調達された資金の使途が、基礎インフラ開発や社会サービスへのアクセス改善など社会課題への対応を目的とした分野への投融資に利用されることを前提として発行される債券。同債券は、国際資本市場協会(ICMA)が定義するソーシャル・ボンドの特性に従って発行される日本初の債券となる。
 JICAは、日本政府の定めた開発協力大綱に則ってODA(政府開発援助)政策を担う世界最大の二国間援助実施機関であり、JICA債への投資は、投資を通じて開発途上地域の経済・社会の発展を実現するとともに、長期的な観点で環境配慮や社会課題の解決に貢献することで持続可能な国際社会づくりにつながるというサステナブルなESG(環境、社会、ガバナンス)投資の性格・意義を有している。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大