自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、中小企業の情報セキュリティ普及促進に関する共同宣言を支援(2017/05/24)

 損保ジャパン日本興亜は、自動車保険における外国人の事故当事者(顧客および事故の相手方など)に対する安心の提供を目的に、業界初の自動車保険事故の「14か国語対応」を5月1日から開始した。
 訪日外国人旅行者の増加にともない訪日外国人が自動車事故に遭遇するケースが増加しており、今後もその傾向は続くことが想定される。同社では、2015年11月から業界で初めて、24時間365日稼働のコールセンターにおいて5か国語(英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語)による事故受付を始めた。16年4月には専門部署を設置し、英語および中国語による事故対応(示談交渉・保険金支払い手続きなどを含む)を行ってきたが、それ以外の言語による事故対応ニーズも高まってきているため、業界で初めて14か国語による事故受付・事故対応を開始することにした。
 事故受付および事故受付後の示談交渉・保険金支払い手続きなど全般的な事故対応を、通訳オペレーターによる逐次通訳を活用し、14か国語で行う。顧客・通訳者・担当者が同時に会話することで、日本語の対応に支障がある人に対しても安心感のある事故対応を行う。対象言語は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語で、自動車保険が対象。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大