自動車保険業界ニュース

損保ジャパン日本興亜、愛知県と『地方創生に関する包括協定』を締結(2017/11/02)

損保ジャパン日本興亜は、愛知県が掲げる「まち・ひと・しごと創生総合戦略」における地方創生の取組みに貢献するため、愛知県と包括協定を11月2日に締結した。
1.背景・経緯
・愛知県は、「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、産業振興や魅力の発信、子育て支援、三河山間地域の振興など、地方創生に向けた様々な取組みを進めている。
・損保ジャパン日本興亜は、「県民・行政、NPOなどの地域の課題解決に向けた協働を通じ、持続可能な社会づくりに貢献すること」をCSR(企業の社会的責任)の重点課題のひとつに掲げており、県民サービスの向上と愛知県の地域活性化に貢献するため、このたび愛知県との包括的な連携協定の締結に至ったもの。
・なお、愛知県が損害保険会社と包括的な連携協定を締結するのは、今回が初めてとなる。
2.協定の目的
愛知県と損保ジャパン日本興亜は、幅広い分野での相互に密接な連携と協働を行うことにより、県民サービスの向上と地域活性化に取り組む。
3.協定の主な内容
損保ジャパン日本興亜の強みや特徴が活かせる以下の7分野を中心に連携を行う。
(1)産業振興・企業誘致に関すること
日本の成長をリードする最強の産業県愛知のPR・プロモーションへの協力や、県内企業への海外危機情報の提供、取引先企業の人材ニーズの把握などを実施する。また、「愛知ファミリー・フレンドリー企業」への登録や、県が実施する「あいちワーク・ライフ・バランス推進運動」、イクメン・イクボス普及拡大のための取組みなど県の人材育成・確保に関連する取組みのPRを実施する。
(2)文化・観光・スポーツ振興に関すること
2016年8月11日から10月23日まで開催された「あいちトリエンナーレ」への
会場提供やチケット購入、代理店や顧客などへのチケット配布、PR活動を実施した。今後も、「あいちスポーツコミッション」への参画や、「愛知国際展示場」「第20回アジア競技大会」の広報・PR、リスク管理のノウハウ提供を実施する。
(3)食・農林水産業の振興に関すること
愛知県産農林水産物・加工品を販売する「地方創生マルシェ」の開催や社員食堂での愛知県産品を使用したメニューの提供、「いいともあいち運動」「愛知県産ジビエ」のPRを実施するとともに、「花の王国あいちサポート企業」登録企業として愛知県産花きのPRを実施する。
(4)女性の活躍促進に関すること
2016年より「あいち国際女性映画際」へ協賛している。また、今年は「あいち女性輝きカンパニー」優良企業に選定されており、女性のキャリア形成推進事業への協力を通じ取組みをさらに推進していく。
(5)子育て支援、健康・福祉の増進に関すること
県の子育て支援策、結婚支援事業、健康情報の当社職員・代理店からの紹介や、関連イベントへの協力を実施するとともに、「はぐみん優待ショップ」「婚活協力団体」への登録を実施していく予定。また、県内市町村と連携した代理店による「高齢者の見守り」や、「障害者スポーツ・芸術活動」に関する広報への協力を実施していく。
(6)まちづくりに関すること
(7)その他、まち・ひと・しごと創生に関すること
(6)、(7)の項目に関しては、2016年に「防災に関する相互協力協定」を締結し、「あいち防災フェスタ」への出展や代理店・地域企業と連携した帰宅困難者支援、「あいちシェイクアウト訓練」への参画を実施している。
今後も、消防団加入促進、自転車事故防止の啓発活動、県庁におけるサイバー攻撃対策、ドローン技術を活用した防災・減災のための啓発活動など、まちづくりや「まち・ひと・しごと創生」に関する取組みを推進していく。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大