自動車保険業界ニュース

三井ダイレクト損保、通販損保初、三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」を開始(2017/12/13)

三井ダイレクト損保は、訪日外国人との自動車事故の増加に対応するため、三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」を12月13日から通販損保として初めて(2017年12月同社調べ)開始する。
訪日外国人は2006年7,334,077人から2016年には約3.3倍の24,039,700人と増えている(出典:日本政府観光局(JNTO))。そのため、自動車事故の相手方が、日本語でのコミュニケーションができないといった状況が想定される。
同サービスにより、同社のお客さまが事故を起こし、日本語以外の言語でのコミュニケーションが必要な場合でも、通訳を介在させることで円滑な事故対応を進めることが可能となる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大