自動車保険業界ニュース

三井住友海上が「働き方改革」の推進に向けた新たな取組みを開始(2017/12/11)

三井住友海上は、今般、全社員総活躍による生産性のさらなる向上と競争力強化を目的として、「仕事の進め方」の変革に向けた取組みを開始した。
同社は2016年10月に「働き方改革」を開始して以来、限られた時間で働く意識の醸成を図るとともに、多様な働き方や生産性を高める取組等を通じて、総労働時間の短縮に取り組んできた。さらに、社員一人ひとりの「仕事の進め方」を変革すべく、マネジメント力の向上と人財育成の強化に努めると同時に、これらを下支えする就労環境を整備することで、さらなる生産性向上と競争力強化を図る。
同社は、社員一人ひとりが、健康でいきいきと、やりがいをもって働くことのできる人事制度や職場環境を整備し、企業価値の向上と持続的成長の実現を目指しす。
1.「働き方改革」における新たな取組の概要
生産性高く働き、限られた時間で組織目標を達成していくために、「個の力」「組織の力」の強化、および就業環境の整備に取り組み、「仕事の進め方」を変革する。
(1)「個の力」の強化策(一部)
仕事の基礎力強化や、各分野におけるビジネススキル・専門性を高める取組を通じて、社員一人
ひとりがプロフェッショナルを目指す。
@人財育成ポータルサイト「成長MyNavi」
全社員が活用できる人財育成のためのポータルサイト。部門や役割に応じて習得すべき知識・スキル等を「見える化」したほか、効率的に習得できるよう、通信講座や学習コンテンツを一元化している。
A仕事の段取り力を高めるツール「3つの“みる”」
・【見る】
ツール名:「仕事の段取り力」教科書
ツールの概要:仕事の段取りを見直し、「仕事の進め方」を変革するための手法や事例をまとめたオリジナル教科書。
・【観る】
ツール名:「仕事の段取り力」動画
ツールの概要:上記の教科書をもとに、仕事の段取りを強化する方法を分かりやすく解説したオリジナル動画。
・【診る】
ツール名:「自己・他己診断チェックシート」
ツールの概要:部下(本人)と上司双方で、仕事の段取り力をスコア診断し、強み・弱みを「見える化」する。
(2)「組織の力」の強化策(一部)
マネジメント力を高める強化策として、職場一体となった人財育成や、活発なコミュニケーションを通じて、社員一人ひとりの長所を活かした、チームワークの良い職場づくりを目指す。
施策名:部支店マネジメント研修
施策の概要:上司(部長)が部下(課長)に対して、「働き方改革」等の意義や重要性を講義する研修。2017年度は、「適切な役割付与」「仕事の段取り」等をテーマに、マネジメント層の意識改革・行動改革を図る。
(3)新たな就業環境の整備
「生産性の向上」「個人・マネジメントの意識改革」「無駄・非効率の排除」「多様な働き方の支援」 の4つの観点を踏まえ、新たに就業環境を整備することで、改革と改善に努めていく。
その他にも、生産性高く働く観点から、各職場で実践している好取組事例や要点等をまとめたオリジナル動画や冊子を作成した。
・【動画】
ツール名:「分かる!できる!働き方改革」
ツールの概要:働き方改革の目的、実行策の概要や、好取組事例等をまとめたダイジェスト動画です。
・【冊子】
ツール名:「ベストプラクティス集」
ツールの概要:毎週社内で発行している「働き方改革ニュース」から厳選し、ベストプラクティスとなる職場の取組ポイントをまとめた冊子。
2.これまでの「働き方改革」の取組状況
(1)平均残業時間を10%削減
「19時前退社ルール」の導入以降、社員が時間を意識して生産性高く業務を行った結果、一人
あたりの平均残業時間が約10%削減されるなど、総労働時間の短縮につながっている。
(2)在宅勤務利用者2,000人を達成
2016年10月から在宅勤務を試行し、2017年4月に本格導入した。育児と仕事を両立
する社員に加え、管理職等の利用も進み、この1年間で利用者は延べ2,000人を超えた。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大