自動車保険業界ニュース

SBI損保が自動車保険のサポートデスクに「ビジュアルIVR」を導入(2018/02/28)

SBI損保は、株式会社KDDIエボルバが提供するオムニチャネルソリューションを自動車保険のサポートデスクに導入し、相談、問合せ目的に応じお客さまを最適なメニューへ案内するスマートフォン向けアプリ「ビジュアルIVR」の提供を3月1日より開始する。
■ビジュアルIVRで自動車保険のカスタマーサポートを強化
スマートフォン向けアプリ「ビジュアルIVR」は、自動車保険のサポートデスクに相談、問合せをするお客さまをスマートフォン画面のメニューから問題解決につながる希望のメニューに案内するカスタマーサポートサービス。同サービスでは、電話やメール以外にWebチャット、「LINE」を活用した「カンタンお見積り」サービス、契約確認・変更手続き、サポートデスクの待ち時間や、よくある質問の確認等を選択できる。
これまでSBI損保では、お客さまに音声自動ガイダンスから希望のメニューを選択してもらっていたが、今後は「ビジュアルIVR」により、音声自動ガイダンス確認時間を大幅に短縮し、お客さまが希望するメニューを最適かつ迅速に案内することができるため、より利便性が向上するものと考える。
なお、このたびのサポートサービスには、KDDIエボルバが提供するスマートフォン向けアプリ「ビジュアルIVR」ソリューション、および、クラウド型SMS送信サービス「CaLL Assist(コールアシスト)」を採用している。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大