自動車保険業界ニュース

ジェイアイ傷害火災保険がインターネット専用、ダイレクト火災保険「ieho いえほ」を販売(2018/03/29)

ジェイアイ傷害火災保険は、必要な補償を、自由に選択することができるインターネット専用、ダイレクト火災保険「ieho いえほ」を3月29日から販売を開始する。
ダイレクト火災保険「iehoいえほ」は、住居用途のみに使用される建物、およびその建物に収容される家財を対象としたインターネット専用の火災保険。申込手続きをインターネットでダイレクト化、ならびに補償を限定することによって、手頃な保険料を実現した。
■「iehoいえほ」の特徴:
1.インターネットから手軽に申込みが可能
お客さまの火災保険の申込手続きにかかる手間や時間を削減するため、建物や耐震構造等を確認する資料は、インターネット(マイページ)からアップロードで提出するなど、見積りから申込手続まで完全ペーパレス化した。これにより、資料のコピーや郵送などの手間がなくなり、より手軽に、いつでも、火災保険の申込みを行うことができる。
2.必要な補償内容を選んで加入
補償項目がパッケージ化されている火災保険とは異なり、「iehoいえほ」では必要な補償を選んで加入できる。必要な補償を選べるため、無駄のない合理的な保険料負担となる。
さらに、従来の火災保険にはない補償項目のさらなる細分化≠行い、落雷補償や水濡れ補償などを独立化し、お客さまのニーズによりきめ細かく応える商品した。
3.築年数に応じた保険料体系
「iehoいえほ」では、築年数に応じた保険料体系を実現した。築年数が10年までの物件はより安い保険料で加入が可能なリスク細分型商品になる。
■「iehoいえほ」の加入例
1.東京都内新築一戸建て(建物評価額1,500万円)の加入例
・木造住宅建物
・築年数1年未満
・補償項目:火災、破裂・爆発補償、失火見舞費用、残存物取片づけ費用、臨時費用(支払割合10%・100万限度)、地震火災費用
・特約:付属建物等一時金支払特約
・保険期間10年
→45,360円(※1)
(※1)以下条件での試算。払込方法:一括払。構造:H構造。建物保険金額:1,500万円。フランチャイズ金額(※2):なし。証券不発行割引500円。
(※2)損害保険金が支払対象となるために必要な損害の額のことをいう。損害の額がフランチャイズ金額未満の場合には、損害保険金が支払われない。
2.東京都内新築マンション(区分所有建物評価額1,000万円)の加入例
・共同住宅(マンション)
・築年数1年未満
・補償項目:火災、破裂・爆発補償、水濡れ補償、失火見舞費用、残存物取片づけ費用、臨時費用(支払割合10%・100万限度)、地震火災費用
・保険期間10年
→16,470円(※1)
(※1)以下条件での試算。払込方法:一括払。構造:M構造。建物保険金額:1,000万円。フランチャイズ金額(※2):なし。証券不発行割引500円。
(※2)損害保険金が支払対象となるために必要な損害の額のことをいう。損害の額がフランチャイズ金額未満の場合には、損害保険金が支払われない。
■「iehoいえほ」商品概要:
(1)商品名称:インターネット専用ダイレクト火災保険「iehoいえほ」(正式名称:補償選択型住宅用火災保険)
(2)補償内容:
【主な基本補償(損害保険金・費用保険金)】
@火災、破裂・爆発 A落雷 B風災・雹(ひょう)災・雪災 C水災 D物体の落下・飛来等 E水濡れ F騒擾(じょう) G盗難 H通貨等、預貯金証書の盗難 I残存物取片づけ費用保険金 J失火見舞費用保険金 K臨時費用保険金 L地震火災費用保険金
【主な特約】
@付属建物等一時金支払特約 A個人賠償責任補償特約(示談代行あり)
・販売開始日:2018年3月29日(木)
※詳細は、商品WEBページを参照のこと。この保険とあわせて、地震保険の加入も可能。
※保険料の決済方法は、クレジットカード、コンビニ・ペイジー払いが利用でき、払込回数は、月払、年払、一括払から選択できる。


自動車保険の満期日が

自動車保険一括見積もり 満期日メール案内サービス

提供元:新日本保険新聞社

フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大