これだけは知っておきたい台風・竜巻・落雷対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年9月4日

気象庁の統計データによると、台風・落雷は8月、竜巻は9月に最も発生回数が多くなります。

みなさんは注意報や警報が発令された際、どのように行動すべきかご存知でしょうか?アンケート調査を行ったところ、約半数の方がどのように行動するべきか認識していなかったことが判明しました。

今回は、インズウェブ会員を対象に行ったアンケート調査と共に、それぞれの災害の対策方法、外出時の身の守り方についてインフォグラフィックで解説します。横長ですので右にスクロールしてご覧ください。

前へ

次へ

  • これだけは知っておきたい台風・竜巻・落雷対策(インフォグラフィック)
  • これだけは知っておきたい台風・竜巻・落雷対策(インフォグラフィック)
  • これだけは知っておきたい台風・竜巻・落雷対策(インフォグラフィック)
  • これだけは知っておきたい台風・竜巻・落雷対策(インフォグラフィック)

6月から10月頃までは注意が必要ですので、台風の進路や気象庁の発表する注意報や警報を頻繁にチェックして、しっかりと対策を行うようにしましょう。
アンケート調査によると竜巻や落雷による被害について火災保険で補償されることがあることを知らない人が多いようです。落雷による過電流で冷蔵庫やパソコンなどの電化製品が故障した場合は、火災保険の「家財」での補償となることもありますので、現在加入している火災保険を確認しておいた方が良さそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風・竜巻・落雷についてのご意見・ご感想

アンケート調査概要

調査期間:2014年7月28日〜8月20日 有効回答数2,288人(男性1,815人、女性473人)
調査方法 : インターネットによる任意回答