経験者に調査!家を買う時のポイントを比較したインフォグラフィック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年1月21日

50-60代住宅購入経験者から学ぶ 買うならどんな家?

人生で最も高い買い物のひとつである「家」。
新居の購入を考えているが相談できる人が少ない方も多いのではないでしょうか。
そんな方のために、今回は、購入した家での生活実体験がある50-60代の住宅購入経験者に、
住まい購入のノウハウを学びましょう。

【住まいに関する調査】経験者に調査!家を買う時のポイントを比較したインフォグラフィック

住宅ローンタイプ

1980年代は固定金利を選ぶ人が多かったようですが、変動金利を選ぶ人が増えていることが一目で分かります。 現金一括購入が増えている特徴も見逃せません。

一戸建てとマンション、どんな人が選んでいるのかを比較

家を購入したきっかけや、重視したこと、妥協したことを比較すると、「一戸建て」と「マンション」どちらを選んだかで、こだわったポイントや決めてに違いがありました。 「一戸建て」は子供が多く、子育て・自然環境の良さを重視する人に選ばれている一方、「マンション」は家賃がもったいないという考えを持つ人が多く、価格と交通の利便性が重視されているようです。 両方とも、最寄り駅までの距離は妥協した人が2割以上いました。

住宅購入のアドバイス

住宅購入経験者の約4割が、「長い目で見たら買うべき」と回答しました。 その理由は「子どもに残せる」「人生設計が計画しやすい」から。 購入の際は金利や地価の上下を考慮し、損が無いようにというアドバイスも多く寄せられました。
先輩たちの意見は参考になったでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅の購入あなたは一戸建て?マンション?

アンケート調査概要

調査期間:2014年10月31日〜12月11日 有効回答数 住宅購入経験者1,477人(男性1,237人、女性240人)
調査方法 : インターネットによる任意回答