【第2回】

ガソリンスタンドはセルフ型?フルサービス型どっちがいい?

 1998年4月から消防法改正によってユーザー自身が自動車に給油するいわゆるセルフ型ガソリンスタンドが解禁となりました。当時の東京都区部のガソリン価格は99円(総務省統計局 小売物価統計調査 調査結果より)と今の2008年8月の182円と比べると半値に近い形であり、当時から今日に至るまでガソリン価格の高騰に合わせセルフ型のガソリンスタンドは増え続けてきました。(2008年3月末でのセルフ型の普及率は15.5% 全石連集計ベース 視点2008年7月より ) そこで今回は、実際に車を利用しているユーザーがどうガソリンスタンドを選択しているのかについて調査を実施しました。

自分で給油を行うセルフスタンドと店員が給油を行ってくれるフルサービスのガソリンスタンドが2つあったらどちらを利用しますか?


回答品目

  • セルフスタンド
  • フルサービススタンド

アンケート結果

  セルフスタンド ・・・・・75
  フルサービススタンド ・・・・・25

 セルフ型のスタンド利用希望者が75%と、フルサービスのスタンド利用希望者の3倍いるという調査結果となった。理由としては「安いから」、「価格が少しでも安いほうがいいから。」などの安さを理由とする回答が圧倒的に多かったが、「自分で給油するほうが気楽。」、「フルサービスだと整備などの不必要なサービスをすすめられることが多く、断るのが面倒。」、「フルサービスで、店員に「満タン」以外の注文を言いづらい。」といった意見なども見られ、必ずしも安さだけでセルフ型スタンドを利用しているユーザーだけでは無い事が分かった。

 又、フルサービス型のスタンド利用希望者の理由としては、「安全・安心。」、「セルフ型ではどう給油すればいいか分からない。」、「セルフとは3円から5円程度の差しかないのに、セルフの方が自己責任のリスクが高まるから。」といったような意見が見られた。

その他コメント

セルフサービススタンドを選んだ人のコメント

  • 1000円だけいれても恥ずかしくないから。
  • 1つ目の理由は「値段の安さ」。2つ目の理由は「店員による窓ふきの満足度の低さ」。
  • 1円でも安くガソリンを入れたいから。
  • (1)少量の給油でも気を使わなくてよい。
    (2)窓拭きサービスでいつも逆に汚れるので。
  • 6ヶ月ごとの点検で、オイル、バッテリー、ワイパー等管理してもらっている。 給油所の職員は交換直後でも不必要に交換を勧める。
  • あまり車を触られたくないから。(汚いタオルで拭かれたりしたくない)
  • いつも給油するスタンドはセルフに比べ価格以上のサービスや安心感があるため利用しているが、知らない土地では値段の安いセルフを利用すると思う。
  • いろいろとガソリン以外のものを勧められるのが嫌なので。
  • ガソリンが安い。大抵24時間営業なので、行く時間を気にせずに行ける。すでに会員になっている。
  • ガソリン代が安いのと、時間の短縮です。
  • 安価であること、フルサービスの必要は感じない。
    オイルを換えた直後に汚れているとか言われたりこともあり、サービスは不要。
  • 億劫がらずに、何でも自分でやって、コスト削減に繋がるように心掛けているから。
  • 過剰サービスは以前からいらないと思っていた。
    セルフスタンドが出来て喜んでいる。
  • 気を使わずに、好きなように給油できる。
  • 気軽に立ち寄り、好きな量だけ給油できるため。
  • 最近フルが少なくなってきたから。
  • 自分でやった方が気が楽。スタンド従業員にやらせると、ガソリンを溢れさせたり、車体に垂らしたりするので、安心して任せられない。
  • 自分の気の済むように窓拭き等をしたい。
  • 深夜早朝だとセルフスタンドの方が開いている方が多いので。
  • 満タンをお願いするときはどちらでもよいのですが、たとえば1000円とか10Lなどで給油するときの店員の態度が悪いときがある。どちらかといえば、そういう店員はごくわずかなのですが、たまたまそういう店員だったときに気分を慨するぐらいなら、セルフが一番。
  • 話す手間が省ける。空いているところを探してすぐ入れる。冬は寒いのでフルサービスに入るかも。

◇ケースバイケース・・・フルサービススタンドを選ぶかも

  • ガソリン価格が同じならフルサービス。安くなるのであればセルフを利用します。
  • セルフの方が安いから、料金が同じならフルサービス。
  • セルフの方が安いから。
    フルでセルフより安いところがあったらそちらに入ります。
  • どちらが安いかで決める。フルサービスの方が安ければ、フルサービスでお願いする。

フルサービススタンドを選んだ人のコメント

  • 1円くらいの価格差なら30Lで30円しか変わらないのならサービスを受けた方がよい。
  • 2、3円の違いなら、面倒だし危険そうなので。
  • いちいち車から出なくていいから。
  • いつも行く店だから。
  • いままでセルフは利用したことがないし面倒、フルだと窓などふいてもらえるし、 タイヤの空気圧もみてくれたりして安心。
  • うっかりミスが起きた時を考えるから。
  • ガソリンという危険物の取り扱いについて、ガソリン代にさほど差がないならプロにしてもらうほうが安全だと思う。給油作業はプロが扱うのが望ましい気がします。
  • ガソリンにおいが手につくのが嫌だ。
  • ガソリンの取り扱いを考えると、怖くてセルフには行けない。行きつけのガソリンスタンドは給油の間に窓拭きもしてくれるので、セルフと迷う必要もないです。
  • ガソリンを自分で入れなくて良いし、窓を拭いてくれるから。
  • ガソリン代が110円が180円になったのと違い、2から3円の差では50リットル入れても150円。チリツモかもしれないが、この程度ではセルフの利用する気にはなれない。
  • こわいイメージがあって、いつかは・・・とおもうけど、なかなか。
  • セルフスタンドでの給油は自信がない。また、臭いが気になる。
  • セルフスタンドで事故があるというニュースを見て事故が怖いのと
    自分の周りも使っている人がいないのでフルサービススタンドがいいです
  • セルフスタンドは何度が失敗していて良くコツがつかめない。
  • セルフスタンドは行った事がなく利用方法がわからないので。
  • セルフスタンドを使ったことがないので、給油の仕方、代金の精算方法等に戸惑いがある。
  • セルフは安いと思い込んでいたが、実は高かったので、現金会員のセルフより安い所を使う予定
  • セルフは面倒だから、どうしても敬遠してしまう。
  • だいたい子供が車に同乗しているので、子供を車に残して自分自身で給油するより、自分は子供と一緒に車の中で待っていて店員さんが給油してくれるほうが安心だから。
  • 安心だから。
  • 安全・安心。
  • 以前はセルフでの使用をしていましたが、最近価格も変わらないので、フルスタンドで使用している。窓や点検もしてくれるので。
  • 価格にたいした差が無ければ窓硝子も拭いてくれるし、表に出なくてもよいから。

ケースバイケース・・・セルフスタンドを選ぶかも

  • セルフスタンドの利用方法がわかっていれば、セルフを利用。

保険の窓口インズウェブについて

「保険の窓口インズウェブ」は、2000年にインズウェブ株式会社(ソフトバンク・ファイナンス株式会社とアメリカのInsWeb, Inc.、米金融会社のMarsh、 & McLennan Capitalによる合弁会社)がサービスを開始した「自動車保険一括見積もりサービス」を中心とした保険比較サイトです。1回の見積もり依頼で複数の保険会社から見積もりが取れる等のサービスの利便性の高さから、現在までに延べ900万人(2016年4月末現在)以上の方に利用されており、インターネットにおける自動車保険比較サイトとして確固たる地位を確立しております。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、自動車保険だけに留まらず、生命保険・バイク保険・ペット保険等の比較サービスも合わせて展開しており、中立的な立場からより一層のサービス向上と利用者拡大に注力しております。

・自動車保険一括見積もりサービス 参加会社数:20社  
・バイク保険一括見積もりサービス 参加会社数:8社 (一括見積もりは5社)
 
(2017年4月現在)
URL:http://www.insweb.co.jp/ (自動車保険の一括見積もり)

会社名: SBIホールディングス株式会社
住所: 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19階
代表: 北尾 吉孝
設立: 平成11年7月8日
資本金: 81,681百万円(2018年1月31日現在)

本プレスリリースについて問い合わせ先

SBIホールディングス株式会社 インズウェブ事業部
お問い合わせは こちら から
(回答が出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。)