【第30回】

クルマ利用者の62%は運動不足。日頃行うスポーツはゴルフが人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月5日
クルマ利用者の62%は運動不足。日頃行うスポーツはゴルフが人気
スポーツの秋が過ぎ、いよいよ寒い冬の到来。外は寒いので室内で過ごすことが多くなり、忘年会や新年会などで自然と飲食が増えていき、油断していると冬太りしてしまう季節です。 とくに普段クルマを利用している人は、移動でついクルマに頼りがちになるので、運動不足を感じている人は多いのではないでしょうか。そこで今回はクルマ利用者のスポーツへの関心や日頃行っている運動について調査しました。
観戦で好きなスポーツと自分でする好きなスポーツとの違いがどれほどあるのか、日常でできる運動や、体力づくりで心がけていることなどをお聞きしたアンケート結果をお知らせします。
回答者数1,785人(男性1,312、女性473/10代6、20代77、30代252、40代547、50代456、60才以上447)
好きなスポーツTOP10

好きなスポーツのアンケート調査では、1位野球、2位サッカー、3位ゴルフというランキング結果になりました。また、日頃行っている運動の中でスポーツをしている人だけを比較したところ1位ゴルフ、2位ジョギング、3位サイクリングという順位でした。
野球・サッカーは大人数が必要ですので日頃できないのは無理もないですが、ゴルフが1位というのはクルマ利用者の特長といえます。

運動する頻度

運動する頻度

運動をほとんどしない人が41.5%とわりと多くいました。月1-2回、数ヶ月に1回を含めると62%で半数以上になります。

日頃行っている運動全般

ウォーキング・散歩は、手軽に行えるので一番多いですね。散歩とゴルフは年代が上がるごとに増えています。若い年代はジョギング、筋トレをしている方が多いようです。

運動をする主な目的/運動をあまりしない・できない理由

運動する目的は健康・体力づくりのためが66.4%、運動不足解消が45.3%という結果でした。みなさん健康にはそれなりに気遣っているようです。 また、運動をあまりしない・できない理由の1位は時間に余裕がないからで46.6%でした。忙しい日本のサラリーマンならではの結果でしょうか。

日常でできる運動や、体力づくりで心がけていること

その他のコメント

  • ウォーキングで毎回一万歩は歩くようにしている。
  • 動作をゆっくり行う。たとえばイスに座ったままテーブル上のの少し離れたコップを取ろうという場合、わざと10秒ほどかけて、しかもなるべくなめらかな動作で行う。これで「運動」。でも実はけっこう難しい。そもそも上記が易々と出来るようになるよう練習するだけでも、身体活動の衰えを防止しますよ。「スロー動作」とでも名付けますかね。
  • 適度な運動。やりすぎないこと。
  • 栄養過多になり過ぎない様食事量・質の制限。
  • ジュース等の糖類が含まれている物は極力避けて、ミネラルウォーターを摂取するようにしている。
  • 毎日短時間だが歩く。
  • 無理なく持続できるようにと思っている。
  • バランスボールを使って座る。
  • 仕事で率先して体を動かす業務を行っている。
  • 一、やり過ぎず、程々に。二、速筋遅筋をバランス良く使う。(ダッシュやジョギング、重い負荷で数回や軽い負荷で多数)三、関節に負荷を掛けない。コンクリやアスファルトの上では運動せず、河川敷(芝や土の上)で運動する。四、運動や筋・関節の使い方に変化をつける。(単調な運動はしない)等々。

総評

全体の62%もの人があまり運動していないという事がわかりました。クルマ利用者は40〜60代が中心で、年齢と体力の関係が結果に表れたのではないでしょうか。一方運動をしている人は、日頃行っているスポーツはゴルフという回答が多く、車で出掛けてプレイするという生活にゆとりのあるライフスタイルが伺えます。

日常でできる運動や、体力づくりで心がけていることを伺うと、「自動車を控え、徒歩や自転車移動している」が29.6%で、なるべくクルマに頼らないという人が多くいました。また、運動をしている方のご意見で「やりすぎない。無理なく持続できるように。」というアドバイスを多くいただきました。確かに最初からハードな運動をしてしまうと長続きしないので無理せずやった方がいいですね。その他には、「仕事で率先して体を動かす業務を行っている」というご意見もありました。 仕事で役立って、かつ運動できるというのはとても効率的で良いですね。 みなさんも明日から取り入れてみてはいかがでしょうか。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年12月5日

アンケート調査概要

調査期間   : 2013年10月8日〜2013年10月31日
有効回答数 : インズウェブ利用者 1,785人(男性1,312、女性473/10代6、20代77、30代252、40代547、50代456、60才以上447)
調査方法   : インターネットによる任意回答

保険の窓口インズウェブについて

「保険の窓口インズウェブ」は、2000年にインズウェブ株式会社(ソフトバンク・ファイナンス株式会社とアメリカのInsWeb, Inc.、米金融会社のMarsh、 & McLennan Capitalによる合弁会社)がサービスを開始した「自動車保険一括見積もりサービス」を中心とした保険比較サイトです。1回の見積もり依頼で複数の保険会社から見積もりが取れる等のサービスの利便性の高さから、現在までに延べ900万人(2016年4月末現在)以上の方に利用されており、インターネットにおける自動車保険比較サイトとして確固たる地位を確立しております。現在の運営会社はSBIホールディングス株式会社となり、自動車保険だけに留まらず、生命保険・バイク保険・ペット保険等の比較サービスも合わせて展開しており、中立的な立場からより一層のサービス向上と利用者拡大に注力しております。

・自動車保険一括見積もりサービス 参加会社数:20社  
・バイク保険一括見積もりサービス 参加会社数:8社 (一括見積もりは5社)
 
・生命保険等一括資料請求サービス 参加会社数:20社 商品数:約55商品  
(2016年5月現在)
URL:http://www.insweb.co.jp/ (自動車保険の一括見積もり)

会社名: SBIホールディングス株式会社
住所: 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー19階
代表: 北尾 吉孝
設立: 平成11年7月8日
資本金: 81,681百万円(2016年6月29日現在)

本プレスリリースについて問い合わせ先

SBIホールディングス株式会社 インズウェブ事業部
お問い合わせは こちら から
(回答が出来ない場合もございますので、予めご了承下さい。)