みんなの家計はどうなった?消費税増税後のお財布事情2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月6日

今年4月の消費税増税の影響により、損害保険料率算出機構は、自動車保険の「参考純率」を平均0.7%引き上げたことを7月4日に発表しました。また、消費税増税による経費負担が増えるとして今秋以降、任意で加入する自動車保険の保険料が2%程度アップする見通しとなり、マイカーを持つ家庭にとってはさらに痛い出費が増えていくことが考えられます。そこで、現在、自動車保険に加入している保険の窓口インズウェブの利用者を対象に、現時点で消費税増税が家計にどの程度影響を与えているのか、調査を実施しました。

【家計に関する調査】消費税増税後のお財布事情2014

今回の調査結果によると、消費税増税前は「増税後、夫の小遣いを減らす予定」だった家庭が全体の半数近くを占めていたのに対して、実際に、増税後に「夫の小遣いを減らした」家庭は全体の6.8%にとどまり、思っていたより「夫の小遣い」が守られていることがわかり、家庭単位では増税との付き合い方が見出され始めているように感じられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税増税についてのご意見

アンケート調査概要

調査期間:
<増税前>2014年2月20日〜3月26日 有効回答数4592人(男性3,484人、女性1,108人)
<増税後>2014年5月15日〜6月12日 有効回答数2706人(男性2,097人、女性609人) 
※割合については四捨五入して表示しているため、合計が100%にならないことがあります。
調査方法 : インターネットによる任意回答