自転車保険
  • 現地で生水を飲んでお腹を壊し、そのまま入院することになった。
  • 遺跡観光中に足を滑らせ、骨折した。
  • 喫茶店でお茶をしていたら、バッグを丸ごと盗まれてしまった。
疾病ケガ賠償責任携行品救援者費用
楽しいはずの海外旅行も、事故に遭ってお金の負担が増えてしまったら一大事ですね。海外旅行保険では、海外旅行や留学などで、国外に滞在する間に想定される病気やケガ、携行品の損害など、さまざまなリスクを想定した補償があるそうです。
また、病気やケガのリスクのみならず、他人にケガをさせたり、他人の持ち物を破損させたなどの賠償事故についてもカバーされるようです。

海外旅行向けプランの特徴

代表的な商品 海外旅行保険。
保険期間 海外旅行の目的で住居を出てから帰宅するまで(国内の移動も含む)。
契約形態 掛け捨て。インターネット加入もできる。

海外旅行保険の補償内容

基本的には、疾病・傷害の死亡リスクが軸となり、それに治療費や賠償リスクなどを上乗せして形作られています。ご自身でゼロから自由に設計することもできるようです。
  補償内容例 被保険者の範囲
疾病・傷害に関するリスク 傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡、治療費用 死亡保険をメインに、その他の補償を組み合わせることによって、自分だけの保険を作ることもできる。
緊急移送費用、救援者費用、遺体搬送費用
賠償に関するリスク 賠償責任特約
弁護士特約
契約者本人、配偶者、同居の親族、別居の未婚の子が対象。
携行品に関するリスク 携行品損害 基本的には、携行品の破損や盗難のリスクを担保する、携行品損害がメイン。
航空機帰宅手荷物費用遅延特約 飛行機の到着が約款規定の時間以上遅延した場合に、衣類や生活必需品などを購入した費用がカバーされる。
その他 飛行機遅延費用
テロ等対応費用   ・・・等
各社商品によって、さまざまなオプションあり。
保険金が支払われない主な例
旅行先で内乱が勃発し、巻き込まれて負傷した。
放射性物質汚染地域に立ち入り被爆した。
旅行先で買ったものを置き忘れてきた。
※上記は免責条項の一部です。他にも補償されないケースがありますので、詳細は保険会社や保険代理店にご確認ください。

ご利用にあたっての注意事項

  • 上記の内容は、損害保険料率算出機構発行の「傷害保険標準約款 2011年3月版」の規定に基づいて記載しています。
  • その他の記載内容については、提携ファイナンシャルプランナーより提供された事例をもとに記載しています。
  • 約款の内容や、実際の事故が保険金支払いの対象になるかどうかは、各保険会社の判断によります。最終的には、ご契約の保険会社や保険代理店へお問い合わせください。
ページのトップへ