国内旅行の険
  • 観光中に階段から転落、ケガをした。
  • 土産物屋でショッピング中、誤って陳列してある商品を壊した。
  • ハイキング中に遭難、山岳救助隊に助けてもらった。
ケガ賠償責任携行品救援者費用

国内旅行保険では、自宅を出てから帰宅するまでの間に想定されるケガ、携行品の損害に加えて他人にケガをさせたり、他人の持ち物を破損させたなどの賠償事故についてもカバーされるようです。
数百円~という低額の保険料に加え、日帰りから一ヶ月の長期旅行まで幅広く選ぶことができるそうです。

国内旅行向けプランの特徴

代表的な商品 普通傷害保険、国内旅行保険など。
保険期間 国内旅行の目的で住居を出てから帰宅するまで(国内の移動も含む)。
契約形態 掛け捨て。

国内旅行向けプランの補償例

傷害リスクが基本の補償で、賠償リスクや携行品リスクをセットすることができます。
  補償内容例 被保険者の範囲
傷害に関するリスク 死亡、後遺障害、入院、通院 事故現場の病院への通院、帰宅後最寄の病院への通院いずれも対象。
賠償に関するリスク 賠償責任特約

賠償事故に関しては、示談交渉サービスが無いのが一般的。

携行品に関するリスク 携行品損害 基本的には、携行品の破損や盗難のリスクを担保する、携行品損害がメイン。
救援者費用

捜索救助費用、現地への家族の交通費用、諸雑費など

疾病に対する補償はない。
保険金が支払われない主な例
旅行先で訪れた先で火山が噴火し、巻き込まれてケガをした。
温泉で心臓発作を起こし死亡。
荷物を置き忘れて紛失した。
※上記は免責条項の一部です。他にも補償されないケースがありますので、詳細は保険会社や保険代理店にご確認ください。

ご利用にあたっての注意事項

  • 上記の内容は、損害保険料率算出機構発行の「傷害保険標準約款 2011年3月版」の規定に基づいて記載しています。
  • その他の記載内容については、提携ファイナンシャルプランナーより提供された事例をもとに記載しています。
  • 約款の内容や、実際の事故が保険金支払いの対象になるかどうかは、各保険会社の判断によります。最終的には、ご契約の保険会社や保険代理店へお問い合わせください。
ページのトップへ