海外旅行保険とは?どういう補償を受けられる?

投稿日:2020年2月20日 更新日:

「海外旅行に行くときは海外旅行保険に入っておいた方がいい」ということをよく聞きます。しかし、海外旅行に行ったことがある人でないとどのような保険なのかは分からないと思います。海外旅行保険とはどのような保険なのか、また、どのような補償内容があるのか紹介します。

海外旅行保険とは

海外旅行保険とは、海外旅行中に起こったトラブルによる経済的損失を補償する保険です。海外にいる間だけでなく、自宅を出発してから帰宅をするまでに起こったトラブルに対して補償を受けられます。自身のケガや病気の治療費、他人への賠償、身の回り品の破損や盗難、航空機の遅延や欠航などのトラブルなどに対する補償があります。医療費など海外旅行時は国内旅行と比べてトラブルが起こったときにかかる費用がかなり高額となることもあるので、こうしたトラブルに対する保険は国内旅行よりも必要性が高いと言えるでしょう。

海外旅行保険の補償内容

海外旅行保険にどのような補償があるのか、主な補償内容を紹介します。

病気やケガに対する補償

海外旅行中の病気やケガで治療をした場合、後遺障害を負った場合、死亡した場合に保険金が支払われます。海外では日本よりも高額な医療費がかかることもあり、特にこの補償は重要です。

公的健康保険でも医療費の自己負担分以外が申請によって戻ってくる海外療養費制度がありますが、一旦は全額自己負担する必要があり、また、日本で同じ傷病を治療するよりも高くかかる分については戻ってきません。さらには日本では保険診療の対象となっていない治療は給付の対象となりません。

海外旅行保険に加入していれば限度額内で実際にかかった治療費の補償を受けられ、加入する保険によっては提携する病院での治療の場合にその場での自己負担なく治療を受けることができるものもあります。アメリカなど医療費が高額な国を旅行する場合は特に重視すべき補償でしょう。

救援者の費用に対する補償

海外旅行中の偶然な事故によるケガや病気により死亡したり3日以上続けて入院したりして、日本から親族が現地に赴く場合にかかる交通費や宿泊費、死亡した場合の遺体搬送費などを補償します。また、搭乗中の航空機や船舶が遭難した場合などの捜索救助費用も補償の対象となっています。

他人への賠償に対する補償

海外旅行中に偶然な事故で他人にケガをさせてしまったり、他人のモノを壊してしまったりして、法律上の損害賠償責任を負ったときに補償を受けることができます。旅先で誤って展示物を破損させてしまった場合や買い物中に誤って高額な商品を落として壊してしまった場合、誤ってホテルの部屋を水浸しにしてしまった場合、誤って他人にケガをさせてしまった場合などに使えます。

携行品に対する補償

海外旅行中の盗難・破損・火災などの偶然な事故により、カメラや衣類、旅券などの携行する身の回り品(自身が所有するものまたは旅行開始前にその旅行のために他人から無償で借りたもの)に損害が生じた場合に補償を受けることができます。カメラを落として壊してしまった場合やスーツケースを盗まれてしまった場合などに使えます。ただし、すり傷などの単なる外観上の損傷で機能に支障がない場合や置き忘れ・紛失などについては補償の対象外です。

航空会社に預けた手荷物の遅延に対する補償

航空機搭乗時に航空会社に預けた手荷物の目的地への到着が6時間を超えて遅れた場合、被保険者が目的地に到着後96時間以内に購入した衣類(必要不可欠なものに限る)、生活必需品(洗面用具、カミソリ、くし等)の費用ややむを得ず必要となった身の回り品(購入した衣類や生活必需品を持ち運ぶためのカバン等)の費用を補償します。ただし、手荷物が被保険者のもとに到着したとき以降に購入したものは除きます。

航空機の遅延に対する補償

航空機が6時間以上遅延したり欠航したりして、代替となる航空機を利用できない場合に、出発地や乗継地で他の航空機が利用可能となるまでに負担したホテル代や食事代、目的地で提供を受けることができなかったサービスの払い戻しを受けられない費用および取消料・違約料などが支払われます。なお、補償額は1万円といった金額なので食事代で豪遊できるわけではありません。

クレジットカード付帯の保険では十分でない?

海外旅行保険はクレジットカードに付帯していることもあります。その場合、わざわざ個別の海外旅行保険に加入する必要はないと思うかもしれません。しかし、クレジットカードに付帯している保険は補償額が十分でないことが多いので注意が必要です。

特に治療費と賠償費に大きな差が出ることがあります。クレジットカード付帯のものは、発行主体やステータスにもよりますが治療費用は200万円や300万円などを限度としています。しかし、海外ではそれを超える治療費が必要となることも十分に考えられます。また、クレジットカード付帯の保険は病気による死亡は補償の対象外となっていることが多いです。さらには、保険会社に個別で申し込む海外旅行保険は保険会社と病院が直接やりとりをしてくれるキャッシュレスサービスに対応していることが多いですが、クレジットカード付帯のものは一時的に医療費を立て替えなければならないこともあります。

賠償費用についても、クレジットカード付帯のものは補償額が物足りないことがあります。年会費無料の一般カードではクレジットカード付帯のものは1000万円や2000万円が限度となっていることが多いですが、他人にケガを負わせてしまったり死亡させてしまったりした場合はそれより高額な賠償責任が発生することもあり得ます。

また、航空機に関するトラブルへの補償など保険会社に個別に申し込む海外旅行保険はクレジットカード付帯の保険では補償されないことが多いものについても補償を受けられます。クレジットカード付帯のものは手軽なのがよいところですが、本当にそれだけの補償内容で大丈夫なのか事前に確認した方がよいでしょう。

まとめ

海外旅行保険は海外旅行時のケガ・病気での治療費や他人への賠償、手荷物への損害などに備える保険です。海外では日本と比べて治療費が高額になることもあるので、ケガ・病気に対する補償については特に重視するようにしましょう。治療費以外にもさまざまなトラブルに対する補償を受けられるので、楽しい旅行中の不安を減らすためにも加入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
アバター

インズウェブ

「保険(Insurance)」とインターネット「ウェブ(Web)」の融合から、サイト名『インズウェブ(InsWeb)』が誕生しました。自動車保険の見積もりを中心として2000年からサービスを提供しています。公正かつ中立的な立場で自動車保険に関する様々なお役立ち情報を提供します。

Copyright© SBI Holdings Inc. All Rights Reserved.